FC2ブログ
2021.02.23(Tue):ボランティア活動

ボランティアで参加している
南砂町での小中学生との勉強会、
バレンタインデー前後はお休みでした。

そこで、先日の勉強会で、
生徒さんから、ちょっと遅れた
チョコをいただきました。

今年
私がいただいた唯一のチョコ‼
本当に感謝です。

20210223194203dfb.jpg

スポンサーサイト



Tag:
| TrackBack:0
2020.12.31(Thu):ボランティア活動

以前にも紹介しました
亀戸にお住まいの本間豊隆さんは
地域のお子さんや親御さんの
交流を図るべく、
子どもの遊び場などを提供する
活動を続けております。

その一環として、この冬休み、
お子さんの孤食や偏食、欠食に
対応すべく、
保存料や着色料を使用していない
亀戸升本のお弁当を
300円で提供しております。

私も、先日、受付のお手伝いを
させていただきました。

お弁当だけでなく、
この活動を協賛している
路地裏酒場『仲よし』や亀戸梅屋敷さん
提供のお菓子なども配布しています。

年明け元旦と2日と両日とも、
午前10時(受付は同9時半)から
亀戸4-21-18の集会場で
配布しておりますので、
お近くにお住まいの方は
お時間がございましたら
是非いらしてみてください。

ただ、今回は、
実際のお受け取りは親御さんでも
お弁当はお子様(各日75名)分のみ
とさせていただきますので、
ご了承くださいませ。

それでは、みなさん、
よいお年をお迎えください。

20201231123007983.jpg20201231123110f25.jpg
20201231123617816.jpeg
202012311439391d8.jpeg


Tag:
| TrackBack:0
2020.12.30(Wed):ボランティア活動

ボランティアで参加している
南砂町での勉強会で、
小1から中2までのお子さんらと
週一回いっしょに勉強しています。

昨日は今年最後だったので、
勉強のあと
ナポリタンやおでん、パンケーキを
みんなでいただきました。

そして、私にとってのサプライズは
子どもたちからの感謝の気持ちが
綴られたカードのプレゼント‼

文章や絵を
一生懸命考えて書いてくれたのが
伝わってきて、本当に感激ものです。

実際、テストの点数が上がった
という話を親御さんからうかがうと、
自分のやる気も
ますますわいてくるのですが、
こうした子どもたちの気持ちを
受け取ることで、また一味違った
感動をいただくことができました。

このような労いの言葉や気持ちは
職場でも本当に大切だと思います。

自身が四半世紀、公務員として
勤めてきた様々な職場の中で
上司が部下に労いの言葉かける
そういう雰囲気というか習慣は
国際機関(OECD)以外では
ほとんどなかったのですが、
普段の勤務への感謝の一言
それだけでも
社員のやる気はまったく違ってくる、
私はそう思いました。

20201230071335dfc.jpg20201230070356bf1.jpg
20201230103643ee7.jpg20201230071154604.jpg
20201230070915aac.jpg20201230071057823.jpg
20201230071115363.jpg20201230071057823.jpg
202012300713558ca.jpg20201230070436153.jpg
202012300711373c3.jpg
202012300712599b5.jpg
20201230070825672.jpg202012300708416ef.jpg
20201230070803636.jpg20201230070534aa0.jpg










Tag:
| TrackBack:0
2020.12.22(Tue):ボランティア活動

先日、サンタの恰好をさせられ(笑)
東京江東区は北砂~大島を
二時間半かけゴミ拾いをしてきました。

サンタの恰好といいましても、
ご覧のとおり青色をした
“ブルーサンタ”というものです。

“ブルーサンタ”は4年前から、
本来は海の日に、全国的に
催されているイベントですが、
今年はコロナ禍で、7月に
できなかったところが多かったため
この12月にも行われたのです。

そもそも“ブルーサンタ”とは、
海のゴミの約8割が街や川から
流れてきたものとされていることから
海を現す青色のサンタに扮して
ゴミを拾うことで海洋汚染を防ぎたい
そんな目的で始まったものです。

このイベントは
時間指定というわけではありませんが
私の場合、二時間半かけたので、
ともにゴミ拾いをしたメンバーは、
写真のとおり、私含め少数名のぞき、
入れ変わっていったのでした。

みなさん、本当にお疲れ様でした。

2020122013193865b.jpg
202012201319059fa.jpg
202012201314365c6.jpeg
20201220132001bf0.jpg
20201221185614da1.jpeg


Tag:
| TrackBack:0
2020.12.08(Tue):ボランティア活動

十日ほど前になりますが、
またまた、東京江東区は亀戸で
ゴミ拾い活動に参加してきました。

今回の活動場所は、
東武亀戸線という2両編成の
車掌のいないワンマン電車が走る
5駅しかない全長3km余りの
牧歌的な路線の周辺です。

ただ、実際活動したのは
亀戸駅付近だけだったのですが、
この駅に近い踏切を渡ろうとした際
お散歩中の
保育士さんと園児らに会いました。

電車が来る気配は
全くなかったのですが
「カンカン鳴るの待とうか」
「何色の電車が来るかな?」
といって立ち止まっていました。

おそらくは保育士さんが園児らに
電車を見せてあげたかったのと、
また、踏切を渡るときのマナーを
教えたかったのかもしれません。

ちなみに、
亀戸線には赤、黄、緑の信号色と
白色の計四色の車両があり、
一日にこのうち三色の電車が
走っていることが多いのです。

さて、私は
そんな園児らを後目に踏切を渡り
線路内に落ちていたゴミを
届く範囲で拾っていったのですが、
本当はがっつり線路内に侵入して
全てのゴミを拾いたいくらいでした。

踏切を渡り終わった後も、
何色の電車が通るのか、そして
園児らはどんな反応をするのか
気になった私は、しばらく
踏切の近くにいることにしました。

すると、一分ほど経ったら
“カンカン”と踏切が鳴り始めました。

そして、私と園児らとの間を
東武亀戸線が大きな音をたてながら
あっという間に
通り過ぎていくのでした。

20201208114146b73.jpg20201205142839220.jpg
202012051428585bd.jpg
20201205142409018.jpg
20201205142329bf1.jpeg


Tag:
| TrackBack:0
2020.11.10(Tue):ボランティア活動

わが母校の城東高校の横を通り、
JR亀戸駅近くの京葉通りに出る
緑に囲まれた道“緑道”があります。

この道は、かつて
都電・路面電車が通っていた跡です。

幼かったころ、
亡父とここから都電に乗って、
東映マンガ祭りやゴジラ対○○を観に
錦糸町の楽天地まで行ったものです。

“デビルマン対マジンガーZ”という
アニメ映画が当時あったのですが、
どちらが勝つのだろうと
ワクワクした気持ちで観に行ったら、
共に協力して敵を倒すという内容で、
子どもながらに騙されたと思った
記憶があります。

そんな思いでのある緑道で、先日、
清掃活動をしてまいりました。

他の場所と大きく異なる点は
ゴミよりも落ち葉が大量にあることです。

他の場所では吸殻や紙くずを一つ一つ
トングでつまんで拾っていきますが、
ここでは落ち葉とゴミを一緒くたに
ドサッとゴミ袋に入れていきます。

吸殻やゴミ自体の量は
他の場所と比べると少なめです。

やはり緑があると、
ポイ捨てしづらくなるのでしょうか。

202011101709047c4.jpg202011101708246ad.jpg
20201110170304f84.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.11.07(Sat):ボランティア活動

東京江東区は亀戸と南砂町で
小中学生を対象とした無料の
勉強会が開かれているのですが、
私もこの二か所で勉強のお手伝いを
させていただいております。

亀戸のほうはコロナ禍の影響で
お休み中ですが、
南砂町のほうは先日感染防止策を
とりながら再開しております。

具体的には部屋の換気を行い、
消毒、マスクもしながら、
子どもがプリント教材に取り組み
私がそれを採点・添削をするなど
お互い物理的距離をとりながら
(こころは至近距離w)
みんな楽しんでやっております。

二時間近くお勉強した後は、
各自持参のお弁当やパンを
ほおぼりながらの
リラックスタイムです。

この勉強会が中断する直前の
今年の二月のバレンタインデー、
私はここの生徒さんからチョコを
もらっていたのですが、
中断により、ホワイトデーの
お返しができずじまいでした。

そして、半年以上も経った先日、
ようやくお返しができたのです。

もし、お子さんをこの勉強会に
参加させてみたいという親御さんが
いらっしゃいましたら、
メッセージにてご連絡ください。

毎週金曜の17時~21時ですが、
この時間帯であれば、
途中の入退出は自由ですよ!

202011070715522df.jpg
20201107074756e53.jpg
202011070904363ae.jpg
202011070718103cc.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2020.11.01(Sun):ボランティア活動

以前も紹介いたしましたが、
別々の保育園や小学校に通う
お子さんや親御さんが交流する場
“かめっこほーむず”を
東京は亀戸で提供する活動を
なさっている本間豊隆さん。

昨日もハロウィンということで
公園に、射的、ヨーヨー釣り、
玉入れ、スーパーボールすくい
といったおもちゃを用意し
近所の子どもに遊んでもらいました。

そして、近くの公民館の部屋でも、
子どもたちは、玩具で
綿あめやポップコーンを作り
飲食を楽しんでいました。

私も、検温や射的場の整備といった
お手伝いをさせていただきながら、
よそ様のお子さんなので、また当然
保育士といった立場でもないので、
ただ、かわいくてしょうがないという
おそらくは、おじいちゃんにも似た
感覚で子どもと戯れていました。

そして、時折、ポテトサラダ、唐揚げ、
肉じゃがなどを提供してくださる
近くの居酒屋“仲よし”さんで、
先日は、本間豊隆さんと交流している
仲間が集う機会もありました。

そこでは、本間さん手作りの
出席者お一人お一人にちなんだクイズや
出席者を紹介する映像などもあって
披露宴のような様相を呈していました。

私も含め、
自分のことしか考えがちな人が少なくない中
これだけ他人に興味を持ち尽力できる方には
本当に頭が下がります。

2020110109430462d.jpg
20201101082729777.jpg
20201101081842cb2.jpg20201101082446c23.jpg




Tag:
| TrackBack:0
2020.10.17(Sat):ボランティア活動

JR亀戸駅北口前には花壇がありますが
まず目についてしまうのは残念ながら
花壇の中や周辺に落ちているゴミであり
いつも多くの方が拾って下さってます。

私も時折拾っていることは
何度か投稿してきましたが、
今回はゴミ拾いの話ではなく、
花壇の主役の花や植物たちのことです。

私も、この活動に参加する前は
知らなかったのですが、
ボランティアの方々が定期的に
枯れた植物を処理しつつ
新しい季節の花を植えているのです。

以前は、この花壇にある花や植物が
季節ごとに変わっていることには
気がついていましたが、正直、
その理由については
あまり気にとめていませんでした。

この活動に参加して一年あまり、
今まで水やりとゴミ拾いをしてきて
見習い期間を過ぎた(?)私も初めて
季節の花の苗を植えるという
大役(?)を仰せつかりました。

この活動は平日ということもあり
お子さんの参加はないのですが、
参加すればきっと、学校と異なり
ポイ捨されたゴミに泣かされても
咲きほこる花たちに触れることで
花や植物を愛する心が
一層育まれることでしょう。

20201017062721894.jpg20201017062740ba6.jpg
20201017062707012.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.09.27(Sun):ボランティア活動

昨日も、霧雨の中、
東京は亀戸の京葉通り沿いを
みんなでゴミ拾いをしてきました。

毎回、お子さんの参加もあるのですが
この子らが大人になったときは
ポイ捨てをすることはないでしょう。

街にゴミがあるのが当前なのではなく
街にゴミがないのが然るべき姿である
という意識をもってもらうためにも、
お子さんの参加は有意義です。

四半世紀前、
私が在住していたパリでは
犬の糞が路上に落ちているのが当前で
これは、吸引器担いだバイクなどで
糞を掃除してくれる者がいたため、
飼い主が糞を始末するという観念が
パリ市民にはなかったからではないか
という気がしました。

ただ最近は、
厳しく罰金が科されるようになり、
路上の糞も少なくなったようですが
わが国のように、そもそも飼い主が
糞を始末するのだという考えがあれば
罰金を科す必要もなかったでしょう。

ただ、わが国でも、
ゴミや吸殻については、
ポイ捨てをしてはいけないと
分かってはいても人目がなければいい
と思っている人や、あるいは
ポイ捨てがいけないとは考えていない
人も中にはいるかもしれません。

すると、一部の外国のように厳しく
罰金を科すしかないのでしょうか。

ただ、そこまでする必要がないよう
お子さんのときからの意識づけも
重要になってくるのかもしれません。

202009271011029c8.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2020.09.13(Sun):ボランティア活動

今朝は地元団地での清掃活動でした。

この団地には、
テーブルと椅子が設置された
憩いの場があるのですが、
実は、これが間近の住民にとっては
悩みの種となっているのです。

なぜならば、
この場所の利用者の中には、
吸い殻はさることながら、
そこで飲み食いした容器ゴミを
そのまま捨てていく者が少なくなく
また、特に夏場は、
夜中に集まり騒ぐ輩もいるからです。

つまり憩いの場が、
環境悪化の元凶と化しているのです。

ゴミについては、業者が
片付けてくれることもあるのですが
それでもすぐに、
吸い殻やゴミが捨てられてしまいます。

より深刻なのは夜中の喧騒でして
団地の管理事務所に相談しても、
自分で警察を呼んでくれ、
と言われるだけなので、
実際、私も、先日の夜中に
110番をしたばかりでした。

警察も慣れたものでして、
私が住所を伝えたら、すぐに
『あっ、○○の前ですね』
と分かってもれえました。

他の多くの住民も普段から
110番をしているのでしょう。

こうした憩いの場は、
法人社員が住民に意見も求めず
机上だけでよかれと思い
作られたものなのでしょうが、
それによって大量のゴミが出、
睡眠の妨げにもなっているのですから
できれば撤去してほしいものです…

20200913132506862.jpg202009131330566d5.jpg
20200913133126062.jpg20200913133219f45.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.09.07(Mon):ボランティア活動

先日、広告つきのゴミ箱を
街中に設置することを目指し、
その設置場所を決めるべく、
ゴミがポイ捨てされている場所を
その量によってS、М、Lに分け
記録するアプリを開発した若者の
紹介をいたしました。

そして、十日ほど前になりますが、
そのアプリを使いながら
東京江東区は亀戸という所で
清掃活動に参加してまいりました。
回を重ねるごとに参加者も増え、
区外からおこしの方々も
大勢いらっしゃいました。

それにしましても、
吸い殻が多いのは相変わらずですが、
最近特にに目立つのはマスクです。
ヒモが切れたわけでもなく
マスクをわざわざ道端に捨てる
というのも謎です…

ゴミ拾いの後は、
国産無添加フルーツジュース専門店
“こちる”さんで
産地直送・静岡県産紅ほっぺイチゴ
の入ったミルクかき氷を堪能です。

202009031304362ba.jpg2020090310322495b.jpg
20200903131346602.jpg






Tag:
| TrackBack:0
2020.08.23(Sun):ボランティア活動

東京は江東区亀戸にお住まいの
本間豊隆さんは、
“かめっこ ほーむず”の代表として
普段から、お子さんの孤食、偏食、欠食等
に対応すべく、地域の方々に無料・安価で
食事や団らん場所を提供する活動をしており
私も時折お手伝いさせてもらっています。

そして、以前も紹介申し上げましたが
8月7日㈮、8㈯、14㈮、15㈯、21㈮、22㈯
各日11時から、亀戸梅屋敷にて、
升本のランチ弁当をお一つ100円で、
お子さんがいらっしゃるご家庭に提供する
活動もされ、私も全日お手伝いして参りました。

初日こそ、学校も夏休み前だったこともあり
お弁当もかなり余ってしまったのですが、
夏休みに入った二日目以降は開始30分ほどで
21日は15分、最終の昨日は10分も経たない
うちになくなってしまいました。

こうした“かめっこ ほーむず”の
活動のメリットの一つは、
お子さんの通う保育園で知り合った
親御さんらが、その後
お子さんらが別々の小中学校に通っても、
ご家族で交流を続けられることにあります。

そして、未だに独身で子育て未経験の私も
今回の活動を通じて、
小さなお子さんのいる親御さんらから
子育てについて色々なお話を
うかがうことができたのでした。
(写真は、本間さんと私のほか、
 ボランティアスタッフの方々とそのお子さん)

20200823110116e66.jpg202008230954171b1.jpg202008230954364b0.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2020.08.08(Sat):ボランティア活動

私も、お弁当配布などお手伝い
させていただいておりますが、
8月7日㈮、8㈯、
14㈮、15㈯、21㈮、22㈯、
各日11時から13時の二時間、
JR亀戸駅から北に歩いて7~8分
の所にある亀戸梅屋敷にて、
亀戸升本のランチ弁当
(肉弁当か魚弁当)が一つ
100円で提供されています。

対象は、ご家庭に高校生以下の
お子さんがいらっしゃる方々ですが
ご家族のどなたかお一人でも、
いらしてくださればご家族全員の分
お名前さえ書いていただければ
受け取ることができます。

亀戸以外にお住みの方でも、
高校生以下のお子さんがいらっしゃれば
どなたでもご利用できます。

これは、本間豊隆さんが代表を務める
“かめっこ ほーむず”の活動の一環です。

普段は、お子さんの孤食、偏食、欠食等
に対応すべく、地域の方々に無料・安価で
食事や団らん場所を提供する活動をしており
私も時折お手伝いさせてもらっています。

事前予約などは不要ですので、
高校生以下のお子さんがいらっしゃる方
お時間があれば是非ご利用下さいませ。
各日、先着150個ですので、お早めに。

20200808065422167.jpeg
20200808065442fc1.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.08.04(Tue):ボランティア活動

昨日も、JR亀戸駅北口にある
花壇の手入れのお手伝いを
させていただきました。

この時季は水やりが重要です。
梅雨が明けてからは
暑い晴れの日が続いておりますが、
水をやっても
すぐに土に吸収されてしまいますので
数センチ程度の深さまで土が湿るよう
何度も何度も水やりを繰り返します。

ただ、あまり長時間作業をすると
人間のほうがまいってしまいますので
今回は三十分余りのお手入れでした。

20200804110731fa0.jpg
20200804110749f32.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.07.27(Mon):ボランティア活動

二十世紀の街中では
あちこちでゴミ箱を見かけました。

しかし、高い管理・回収コストで
ゴミはなかなか回収されず
家庭ゴミの持ち込みも相まって
山のようにたまる一方、
そこにカラスなどのゴミ漁りもあって
ゴミ箱があると街が余計汚くなるという
皮肉な現象が生じ、
最後はテロ対策もあって
ゴミ箱が撤去されたようです。

そうすると、
各人のモラルに頼るしかないのですが、
ポイ捨てがなくならないのが現実です。

そこで、ある若者らが
ポイ捨てゼロの社会を目指すべく
会社を立ち上げ、まずは
街に自社のゴミ箱を設置していこう
という試みをしています。

そして、設置場所については、
ポイ捨ての多い場所にするということで
そのポイ捨ての現況を把握するため
“MyGOMI”とよばれる
ゴミデータマッピングなるものを
開発したようです。

これは、
街中でポイ捨てゴミを見つけたら
その場で、ゴミの量によりS、M、Lの
ボタンをタップするだけでいいのです。
ゴミを拾っていただく必要はありません。

LINEで“MyGOMI”を登録すれば
誰にでもすぐに使えます。

ということで、先日、東京は
江東区亀戸7丁目にある
無添加フルーツジュース専門店
“こちる”さん前を皮切りに
“MyGOMI”を使いながら
雨の降りしきる中、
都市環境を研究している
早稲田の学生さんらも交え、
みんなでゴミ拾いをしてきました。

さて、ゴミ箱設置問題に戻りますが、
以前と同様のことは起こりえますし、
付近の住民の方々や行政との合意も
必要となってくるでしょう。

ただ、管理・回収コストについては、
ゴミ箱に広告をのせ、
その広告料で賄うといことらしいです。

他の問題についても、知恵と工夫で
きっと解決していくことでしょう。

20200726153755646.jpg
20200727190134218.jpg20200727190445455.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.07.17(Fri):ボランティア活動

子どもらには、ふるさとで
良い思い出をつくってもらいたい
そのためにも、
自宅と同様にくつろぎながら
ご近所のお子さんや親御さんどうしが
交流できる場をつくってみたい、
そんな想いで、江東区亀戸に
お住まいの本間豊隆さんは
『かめっこほーむず』という場を
二か月に一回ほど提供しています。

そこでは、ご近所のみなさんに
食事を楽しんでいただき、
食後は、お子さんらどうしで
遊んでもらったりしています。

先週も、合計9世帯22名の方々が
体温計測、消毒、換気、
飲食時以外のマスク着用、
間隔を空けての着席等々
感染防止をしながら
参加をされていました。

子どもらに人気だったのは
実際にポップコーンや綿あめ、
かき氷が作れるおもちゃでしたが、
子どもらが集まるとどうしても
密な感じにならざるを得ません。

“感染”という概念を理解しろ
というほうが無理なのかもしれません。

食事は、ごはんと味噌汁の他、
近くの『路地裏酒場仲よし』さんが
提供してくださったポテトフライ、
鶏から、枝豆、肉じゃが、そして、
今話題のポテトサラダです。

これらも子どもらに大人気でしたが、
親御さんらはきっと酒のさかなとして
食べたかったことでしょう。
が、ここでのアルコールは禁止なので、
みなさんソフトドリンクでがまんです。

これがお酒のダメな私に好都合だったので
参加させていただているわけです
というのは冗談で、
毎回、子どもらの笑顔を見るのが楽しみで
お手伝いさせていただている次第です。

20200717102406db3.jpg202007171024499d7.jpg
2020071711075257a.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2020.07.09(Thu):ボランティア活動

JR亀戸駅前には花壇があるのですが、
定期的に数名の方々がボランティアで、
お手入れをしてくれています。

私も、月に一度ほど、
お手伝いさせていただいておりますが
草木の知識が皆無に等しい私は、
何の草花を切って、抜いていいのか
さっぱり分からず、結局、
ゴミ拾いをしていることが多いのです。

どこでもそうですが、
ポイ捨てする人は自分が捨てたものが
人目につくのが嫌だみたいでして、
美しい草花をかき分けると必ず
汚いゴミがあります。

みなさん、ポイ捨てはやめましょう
といっても、大人になってしまうと
性根が変わらない限り、
きっと止めないのでしょうね…

202007090627461a6.jpg202007090627596e0.jpg
2020070906290245d.jpg20200709062831a39.jpg

202007090634016aa.jpg202007090634157a1.jpg
20200709063431bf7.jpg20200709063448446.jpg






Tag:
| TrackBack:0
2020.03.21(Sat):ボランティア活動

昨日は、
東京江東区の大島というところで、
清掃活動に参加してきました。

相変わらずタバコの吸殻が
たくさん落ちていたのですが、
特に、ベンチ下、駐車場、自販機、
そして、橋の下などがひどいです…
(江東区はゼロm地帯なので、
 橋が多いのです。)
数えながら拾ってみたのですが、
五十分間で何と150本‼

平均すると、二十秒間も歩けば
吸殻が一本落ちていることになります。

ちなみに、今問題となっている
マスクのポイ捨ては二枚でした…

202003210738509d0.jpeg


Tag:
| TrackBack:0
2020.03.14(Sat):ボランティア活動

東京は江東区亀戸という所で
無料もしくは安価で
園児の遊び場や食事を提供する
活動がなされているのですが、
昨晩、私も、
食事の配膳や園児のお相手といった
お手伝いをしてきました。

感染防止のため
いろいろ自粛ムードが漂う中、
昨晩は、人が集まらないのでは、
と心配されていたのですが、
むしろ、お子さんらにの憩いの場が
求められている今、大勢の親子が
公民館を訪れてくださいました。

換気もしっかり行った広い部屋で、
子どもらは元気に
はしゃぎまわっていましたが、
子ども好きの私にとっても、
この子らと接することが
癒しにもなりました。

コロナウイルスとか事情を知らない
この子たちにとっては、
手洗いや消毒を徹底することの意味は
分からないはずなのですが、
それまでも楽しんでいるようでした。

おもちゃでポップコーンや綿あめを
つくっていた子もいましたが、
今どきのおもちゃは
ホントによくできているものだと
昭和生まれのおじさんは
感心するばかりです。

ポップコーンがはねて出てくるのが
よほど楽しかったのか、
子どもらによって
山のようなポップコーンが製造されたのですが、
私はそれをひたすら食べているのでありました。

20200314123540b7c.jpg20200314123520c3a.jpg202003141234426a0.jpeg


Tag:
| TrackBack:0
2020.03.09(Mon):ボランティア活動

昨日は、地元の団地で、
普段の古紙回収の還元品として、
トイレットペーパーとティッシュペーパーを
自治会員の住民の方々に
配布するお手伝いをしてきました!

みんな殺到して来るのかと思いきや、
最近は紙類は店頭に十分並んでおり、
天気が雨だったこともあり、
非常に落ち着いた状態でした。

20200309134818796.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2020.02.23(Sun):ボランティア活動

今朝も、東京は江東区の亀戸で、
清掃活動に参加してきました。

今朝の変わった落としものは…
カツラ‼

派出所に届けようかと迷いましたが、
着用に耐えないほど汚れがひどく、
ハズれたときに普通は気づくよな、
と思いながら、
ゴミとして処分してしまいました。

202002230940492ee.jpeg
20200223094512e34.jpg202002230945326fe.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2020.01.13(Mon):ボランティア活動

新成人の方々おめでとうございます!

そんな成人の日の今朝も、
亀戸・船橋屋による
清掃活動に参加してきました。

一見きれいに見える街並みでも
人目につかないところに、
例えば、草木の茂みに隠れるように
ゴミは捨てられています。

こうしたゴミの特徴は、
アルコールやタバコのゴミといった
“大人”が捨てたであろうと
思われるものである点にあります。

“大人”はゴミのポイ捨てはいけないと
分かってはいるからこそ、
人目につかないように捨てるのでしょう。

“成人”とは、をググると
“心身ともに成長・成熟した者”
ともでてきます。

年齢だけで成人の日を迎えても
いつまでも“成人”になりきれない
“大人”もいるという現実を
成人の日に改めて思い知らされました。

本日、成人の日を迎えた若人には、
是非、名実ともに立派な”成人”に
なっていただきたいものです。

20200113172109653.jpg202001131719247ac.jpg
20200113172033ba1.jpg20200113171953746.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2020.01.03(Fri):ボランティア活動

3のつく日に行われている
船橋屋さんによる亀戸の清掃活動、
本日、正月3日もありました。

正月らしい落とし物としては、
昨年は年賀状だったのですが
今年は“寿”扇子が落ちていました。

そして、いつもだと
亀戸天神の近くは
比較的きれいなのですが、
今朝は、参拝客が食べた後に
捨てたと思われる容器や木串が
たくさん落ちていたので、
この場所を清掃するだけで
時間が過ぎてしまいました。

私なら、バチが当たりそうで
ポイ捨てする気にはなれませんが、
娯楽の一環として
初詣でに参拝に訪れているであろう
人たちが少なくないということが、
こうしたゴミからもうかがえます。

20200103092423832.jpg/>
20200103092447f66.jpg
20200103092552cea.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2019.12.28(Sat):ボランティア活動

東京は江東区の南砂町という所で
月に2~3日、ボランティアで
小中学生と勉強をしています。

先日、その子らや親御さんが
クリスマス会を開いたのですが、
私はウイルス性胃腸炎で
参加することができませんでした。

そして、昨日も、
そこの勉強会があったのですが、
何と何と、子どもらから
手書きのクリスマスカードを
いただいたのです!

これはもう感動ものです。

家族がいない私にとって
文字通り唯一無二の最高の
クリスマスプレゼントです!

20191228125307cf3.jpg20191228122055c49.jpg
20191228122217c8d.jpg201912281222387b7.jpg
20191228122128aaf.jpg20191228122109d43.jpg
201912281221415d9.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2019.11.20(Wed):ボランティア活動

東京江東区の一斉清掃日は
今月10(日)だったのですが、
その日は、私が住む団地では、
防災訓練の日だったので、
翌17日の日曜、
掃除活動が行われました。

団地内には、憩いの場として
何か所かにベンチやテーブルが
設置されているのですが、
下の写真にあるように、
いつも飲食品の容器などが
ポイ捨てされています。

透明なゴミ箱なら
テロ対策にもなるので
設置してもいいように思えますが
駅構内やコンビニ内とは異なり
牽制が効かないので、
大量の家庭ゴミが
捨てられるおそれがあり、
収集の手間やコストも無視できません。

また、冬以外は、
真夜中にかかわらず、
ベンチやテーブルがある故に
若者などがこうした場所にたむろして
大声で騒ぐことが多いのも困ります。

今回は、
地元の少年野球チームの子どもらも
清掃活動に参加してくれました。

こうして子どものときから、
ゴミはポイ捨てしない、
夜は騒がない、
こうした道徳を学んでいかないと
せっかくの憩いの場も、
環境を悪化させる起因と
なってしまうようです。

2019111711230119e.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2019.11.18(Mon):ボランティア活動

先日も、東京江東区は
南砂町というところで
小中学生と勉強をしてきました。

このときは、
漢字の書きとりをしていた子が
多かったのですが
書き順がおろそかになっているのが
目立ちました。

ただ、私たち大人も、
特にワープロで文書を作成する
ことが多くなった昨今、
果たしてどこまで正しい書き順で
書いているのでしょうか?

例えば、私なんかは、
“右”は丿から書くべきだと
頭では分かっていても、
つい、一から書いてしまいます。

また、冖という部首の左端を
私は内側に向けて書いてしまう
癖があるのですが、
子どもらの漢字テキストには
好ましくない例として
あげられていました…

しかし、字のクセも個性。
正しくきれいな字を書くというのは
日本の良き伝統・文化
でもあるのでしょうが、
国や地域によっては、個性の否定
ととらわれるかもしれません。

と、自己弁護(笑)

20191114165121cd7.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2019.11.14(Thu):ボランティア活動

東京江東区の
一斉清掃日だった先の日曜、
私も他の二人の仲間といっしょに
亀戸と大島という地区を
2時間かけて清掃してきました。

天皇・皇后両陛下の
即位祝賀パレード開始と同時刻に
ゴミ拾いを始めて間もなくすると
コンビニのアイスコーヒーを
飲み終えた若者が私たちを見つけ
“これもお願いします”と
空の容器を差し出してきました。

私たちがいなかったら
この若者はどうしていたのでしょう。

私が若かりし頃あった街中のゴミ箱が
今となっては消えてしまったのは、
テロ対策や収集のためのコスト増の他
家庭ごみも捨てられるなどして
ゴミ箱の周りがゴミであふれ
かえって街が汚くなるから、
などといわれています。

まだ街中にごみ箱があった時代は
“使い捨て”というものが
ほとんどなかったものですから、
こうした問題はなかったのでしょう。

それから時代がすすみ、
使い捨て商品を生み出してきた企業は
その商品が消費された後の
環境美化のことまでは
考えてこなかったようです。

しかし、今は地球温暖化や
海洋のプレスチック汚染といった
環境問題がめぐりめぐって
大型台風や食物汚染といった形で
私たちにはね返ってきています。

レジ袋やプラスチック容器の廃止が
求められている昨今、
ゴミ箱が街中にあった頃の生活に
戻る必要があるのかもしれません。

不便を不便と感じなかった時代に

20191111144055ec2.jpg
2019111114420568f.jpeg



Tag:
| TrackBack:0
2019.11.11(Mon):ボランティア活動

昨日、地元団地の防災訓練に
参加してきました。

この団地は1/3が外国人世帯で、
特にインドの方が目立ちます。

この方たちが災害時に困るのは
日本語が分からないということです。

そこで、
災害用ピクトグラムを独自に考案中の
早稲田大学大学院の学生さんらが
今回この場でも、デザイン案について
主に外国人らに意見を求めていました。

私も災害全般について、
今回の訓練に参加された方々に
ご意見をうかがってきのですが、
中には、
台風や洪水時に垂直避難した際、
トイレはどうしたらいいんだ、
という声もありました。

たしかに、とくに断水したときは
よそ様のお宅で拝借するのも
気が引けてしまいそうです。

今回の防災訓練は
地震を想定したものでしたが、
地球温暖化にともない、
台風15号や19号といった
猛烈な台風が、今後も
頻繁に襲ってくることでしょう。

水害も視野に入れた訓練も
改めて必要になりそうです。

201911110834133bd.jpg20191111083448e75.jpg
20191111083508790.jpg201911110835249be.jpg





Tag:
| TrackBack:0
2019.11.07(Thu):ボランティア活動

先日も、東京は
江東区の南砂町というところで
小中学生と勉強をしてきました。

ここでは、二時間ほど勉強した後
みんなで夕食をとることにしています。

食事は親御さんたちが作ってくれます。

中にはプロの料理人もいますので、
時おり、
凝ったものも出てきます。

その日は、お米のピザでした。

子どもたちにも大人気!

私も、子どもたちがみんな
食べたのを確認して
最後の一枚をほおばります。

すると、私の隣に座っていた
小学一年生の女の子が
さみしそうな表情を
しているではないですか!

その女の子が
二枚目を食べようとしたところ、
私が最後の一枚を
食べてしまったからです。

食べなければよかった…

20191102110925c70.jpg
201911021109090ca.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2019.10.22(Tue):ボランティア活動

なぜ、分数の計算が苦手な
小学生が多いのでしょうか?

それは、分数は算数でありながら
数学に近いからではないでしょうか。

どういうことか申しますと、
算数と数学の違いというのは、
目に見えるよう具体化できるのが算数
抽象的な思考が求められるのが数学
だといわれています。

例えば、
数学で扱う負の数や関数・変数などは
普段の生活で実際に目にすることは
まずありません。

で、分数の計算に話に戻しますと
具体的にイメージできないまま
機械的に計算せざるを得ないので
理解しにくいのだと思います。

例えば、分数の加減算では分母を
公倍数で合わせる必要があるのに
掛け算・割り算では不要なのか、
生徒や学生なら理屈で理解できても
小学生が具体的にイメージするのは
難しいようです。

そこで、私は、
分数を算数本来の姿に戻しみて、
すなわち、
小学生でも具体的にイメージできるよう
次のように説明することにしています。

まず、ピザを二枚用意します。
そして、一枚目のピザ(Aピザとする)
を半分にします。
次に、二枚目のピザ(Bピザとする)
を三等分します。

そして、半分にした一切のAピザと
三等分した一切のBピザを合わせると
計算上では(1/2+1/3=)5/6枚に
なるはずですが、
見ただけでは本当にそうなったのか
正確には分かりません。

そこで、半分にした一切のAピザを
さらに三等分すると
(1/2×1/3=)1/6枚が三切になり、
また、三等分にした一切のBピザを
さらに半分にすると、やはり
(1/3×1/2=)1/6枚が二切になります。

そして、1/6となった三切のAピザと
やはり1/6となった二切のBピザを
合せれば、1/6となったピザが五切、
つまり5/6枚となります。

もし、分数の計算で苦戦している
お子さんがいらしたら、
これで説明してみてはいかがでしょう。

加減算で分母の数を合わせる必要性は
なんとなく分かってもらえる
とは思うのですが…
(写真は、昨晩の勉強会の様子)
20191022091615731.jpg
20191022091626939.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2019.09.25(Wed):ボランティア活動

一昨日も、東京江東区の亀戸で
清掃活動に参加してきました。

お子さんの参加もありましたが、
この年ごろから
ゴミの散らかっている実態を見て
それを拾う人の気持ちも分かれば
大人になったとき
ポイ捨てするようなことは
決してないでしょう。

最近は、学校でも、
清掃活動などボランティア活動が
盛んに行われているようです。

凝り固まった大人を啓蒙するよりは
若い子に
こうした活動に参加させることが
社会を良くしていくための
近道かもしれません。

2019092315181534b.jpeg
201909231537011e1.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2019.09.22(Sun):ボランティア活動

もう十日ほど前になりますが、
東京江東区の南砂町で
小中学生らと勉強をしてきました。

勉強中は“眠い”とか“疲れた”と
ぼやきっぱなしの子ごもらも、
勉強時間が終わり自由時間になると
元気いっぱいにはしゃぎまわります。

最後は、近くの公園で
季節外れの花火を楽しみました!

20190916130715774.jpg201909161307409a8.jpg
2019091613075364e.jpg20190916130809ca5.jpg
20190916130828c5e.jpg2019091613084436c.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2019.09.08(Sun):ボランティア活動

先日も、東京江東区の
南砂町で小中学生といっしょに
勉強をしてきました。

が、小学2年生の“せいかつ”
という科目で一問、
分からない問題がありました。

八百屋さんで子どもが
買い物をしている絵があって、
すべき行いだったら〇をつけなさい
という問題だったのですが、それが
“お店の人の承諾を得て店内に入る”
といったものだったのです。

個人商店でもわざわざ
『お店に入っていいですか?』と
ことわって買い物している人は
一度も見たことないですし、
不自然にも感じられ、
結局分からず、答えを見たら、
〇でした。

まー、丁寧といえば丁寧ですが…

もう一つ驚いたのが英語です。
小学五年生ですでに
I am …, You are …を
学んでいるじゃないですか!

しかも、いっしょにいた
中学一年生の子にきくと、
この前の五月に習ったばかり
というのです。
どうやら、過渡期のようです。

小学生からの英語教育にも
賛否両論あるようですが、
発音だけは、きっと
日本人教師より小学生のほうが
正しくできるのでしょうね。

20190908074521c61.jpg
20190908074536973.jpg
20190908074551e67.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2019.08.18(Sun):ボランティア活動

夏休みも終盤にさしかった
昨日、東京江東区の
南砂町というところで、
近所の小学生の子どもたちと
ためこんだ夏休みの宿題を
いっしょにやってきました。

一番悪戦苦闘していたのは
読書感想文。

みんな書くことがないと
字数をうめるのに四苦八苦。

こういうときは、
読んだ本について子どもとお話をし
子どもが
主人公が“やさしいと思った”
“すごいと思った”
“なんでなんだろうと思った”
と感想めいたことを言ったら、
その理由も聞き出して、
それを文書にさせます。

ここで子どもがやりがちなのは、
習った漢字を書こうとせず、
ひらがなで書こうとすること。

ですから、
ここで漢字で書くようにいえば、
漢字の復習・練習にもなります。

勉強は5時間以上に及びましたが
合間にはおやつタイムと
勉強後はみんなで軽いお食事。

家族・子どものいない私にとって
憩いの一時でした。

201908180848518a6.jpeg
20190818084930ee9.jpeg
20190818085018ed6.jpeg



Tag:
| TrackBack:0
2019.08.15(Thu):ボランティア活動

十日ほど前になるのですが
『亀戸駅前うえるカメ』
というコミュニティが
毎月第一月曜に行っている
駅前の花壇のお手入れに
参加してきました。

連日の猛暑日で
まいた水があっという間に
吸収されていきました。

三十分間まき続けても、
地表から2~3㎝しか
水はしみこみません。

この時季、
本当は15㎝はしみこませたい
ところだったらしいのですが、
そうすると人間のほうが
まいってしまうということで、
三十分で作業終了です。

『亀戸駅前うえるカメ』では
毎月第一月曜の13時半~14時に
亀戸駅北口で
花壇のお手入れをしていますので、
お時間のある方は
参加してみてはいかがでしょうか。

20190813100722eca.jpg
20190813100826e17.jpg
2019081310080441a.jpg20190813100743778.jpg




Tag:
| TrackBack:0
2019.08.14(Wed):ボランティア活動

十日ほど前、そして昨日と、
亀戸の清掃活動に
参加してきました。

十日ほど前は
お祭りがあったためか
タバコの吸殻より
袋や紙屑のほうが目立ちました。

数名が
たむろっていたからでしょう、
一か所で10分ほどかけて
ひたすらゴミを拾っていました。

『赤信号みんなで渡れば怖くない』
ということでしょうか…

2019080410315409e.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2019.06.24(Mon):ボランティア活動

先日、東京江東区の
亀戸というところで、
清掃活動に参加してきました。

今回、目立ったのは、
落ち葉に隠すように
多くの吸殻が
ポイ捨てされていたことです。

これは、火事になりかねないので、
本当にやめてほしいですね。

こうした喫煙者は、
中途半端な良心(?)をお持ちのようで
人目につく所には決して捨てません。

それで、免罪された気にでも
なっているのでしょう。

もちろん、
マナーを守っている
喫煙者もおります。

ただ、マナーを守らない喫煙者が
喫煙者全体のイメージを悪くし、
ひいては、喫煙者にはますます
肩身の狭い世の中にさせ、
結局は、
自分たちの首を絞めていることに
気がついていないのでしょうね。

20190624095742134.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2019.05.21(Tue):ボランティア活動

先日、FBのお友だちが
池袋駅のコンコースで
あしなが育英会の
募金活動をされていたので
ちょっと足をのばして
寄付してまいりました。

ご存知の方も多いと思いますが
この募金活動は、
遺児らの経済的負担を軽くし
進学や勉強のしやすい
環境づくりに貢献しています。

現在は、寄付の半分が
アフリカの遺児のために
使われているようです。

実は、私も若かりし頃、
上智大の陸上部に所属していた際
東京の亀戸や錦糸町で
この募金活動を
何度かしたことがあります。

これは、正直申し上げると、
体育会運動部に所属していたからで
義侠心から行った
わけではありませんでした。

ただ、
知人らが寄付しに来てくれたのが
思いの外うれしかったのを
今でも覚えていたので、今回も、
寄付しに参ったというわけです。

しかし、
こうした活動をしていると
嫌な思いをすることもあります。

錦糸町駅で活動していた際も、
見るからに場外馬券売り場に
来たと思われるおじさま方から
寄付するそぶりをされました。

しかも、一人ではありません。
みんな考えることは同じです。

最初は気が付かず
「ありがとうございました」
とお礼をいうと
『ば~か、入れてねえよ』
といわれ、
当時いたいけな(?)青年だった私は
相当ショックを受けました。

その後も、何人かのおじさまから
寄付するふりをされたのですが、
それでもなぜか
「ありがとうございました」
をいい続けていました。

今回のFBのお友だちも、
酔っ払ったじいさまに
からまれたそうです…

お願いですから、
募金活動をしている方たちを
からかわないでくださいね。

201905211344379c7.jpg
2019052113445021f.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2019.03.08(Fri):ボランティア活動

先日、
亀戸の清掃活動に参加してきました!
タバコの吸い殻は
相変わらず多かったですね。

ポイ捨てする人たちは、
中途半端な良心(?)があるようでして、
きれいな場所に
堂々と捨てるようなことは決してせず、
草木の茂みといった目に見えない場所か、
既に他の何人かの人が捨ててある場所に
自分も捨てるといった具合です。

ポイ捨てする人も拾う人も決まっていて、
こうしたことがいつまでも
繰り返されるばかりです。

家庭内でも、
散らかっていても気にならない人は
そのまま掃除もせず、
結局気になってしまう人が片付ける
というのに似ているかもしれません。

家庭内はさておき、
こうした循環を断ち切るには、
まず、
罰金の強化と徹底が考えられます。
これでポイ捨てが減った
自治体もあるようです。

また、子どものうちに
清掃活動に参加してもらう
というのもいいかもしれません。

そうすれば、
ポイ捨ての多い街がどういったものなのか
ということを肌で知った子らが
大きくなった時、
ポイ捨てをしようとする人は
減るでしょうし、
ポイ捨てをする大人も、
子ども(特に自分の子ども)には
拾わせたくないと
思うかもしれないからです。

20190223104354357.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2019.03.04(Mon):ボランティア活動

以前も
申し上げたことはあるのですが、
私が居住している団地では、
隔週土曜のお昼に
お茶やコーヒーを飲みながら
おしゃべりをするという会が
あります。

特に、年齢や性別に制限は
設けられていないのですが、
今のところ参加者は、
私以外は全員、
60歳代以上のご婦人方で、
平均年齢はおそらく75歳程度、
時には90歳を超える方も
いらっしゃいます。

自然、一番の若輩者の私が
お茶くみをすることになります。

今回は、そこで、
なるほどと思った
あるご婦人のお言葉を
紹介したいと思います。

『緩い約束はしても、
 確約は絶対しない。』

『毎日が生きることが勝負』

両方とも、
その日にならなければ
体調がどのようになっているか
分からないからだそうです。

体調が良かったとしても
約束を忘れてしまうことが
あるらしいからです。

メモしておくという
野暮な発想はありません。

五十代の若輩者でも
分かる気がします。

Tag:
| TrackBack:0
2019.01.04(Fri):ボランティア活動

昨日、箱根駅伝の関東学連選抜の
9区にエントリーされていた
陸上部の後輩が
メンバー変更されたのを確認し
駅伝を観る気が失せた私は、
亀戸天神近くの清掃活動に参加。

すると、正月ならではのゴミが。

まずは、おみくじです。
広げてみると“大吉”
でも、これはゴミとして処分。

次に、年賀状です。
これはゴミというより落とし物。
後でポストに投かんしました。

清掃後は亀戸天神に初もうでです。

自宅に戻ってSNSを見ると、
上智大OGOBの落胆のコメントが
次々と…

上智大初の箱根駅伝ランナーを
見るべく、みんな
TV前に待機していたところ、
突然のメンバー変更を知ったからです。

私の友人であるOGも、
代って走った明治学院大OBである
ご主人がこれ見よがしに
TV画面を撮っていたものだから、
これに大激怒‼というお話も(笑)

私は陸上部OBなので、
本人の体調が万全でなかったのは
伝え聞いて、変更の可能性大なのは
承知はしていたのですが、
それでも知ったときは残念でした。

が、スポーツ推薦のない大学で、
ここまでやってきた後輩部員らの存在は
私にとっても励みになります。

20190103174608909.jpg
20190103160218f9d.jpg2019010316015992f.jpg
2019010316014246c.jpg20190103155550f70.jpg
20190103160120ad5.jpg
20190103160449996.jpg








Tag:
| TrackBack:0
2018.11.25(Sun):ボランティア活動
先日、東京江東区の
亀戸でゴミ拾いをしてきました。

この地区でのゴミ拾いは
数か月ぶりだったのですが、
驚いたのは、少なくとも、
私が拾った範囲では
タバコの吸殻が
激減していたことです。

いつもなら、拾ったゴミの
8~9割は吸殻なのですが、
今回は半分ほどでしょうか。

毎回、数人が手分けして
ゴミを拾うのですが、
私はいつも同じ場所で拾っています。

もしかしたら、この場所で、最近、
別の方が清掃したのかもしれませんが、

ただ、吸殻が減った代わりに
紙ごみが増えていた気がしました。

ポイ捨てしてきた喫煙者が、
他の人がポイ捨てした吸殻が
減ってきたのを見て止めたのであれば、
これ以上うれしいことはありません。

罰金でポイ捨てが減よりは、
こうした理由で減るほうが
いい世の中になりそうだからです。

20181125100216d85.jpg
20181125100150fce.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2018.10.31(Wed):ボランティア活動

本日はハロウィン。

それで渋谷は、今
大変なことになっているが、
そのうちの一つがゴミ問題。

この前の週末も、
清掃ボランティアらの活躍で、
渋谷の街もきれいになったらしいが、
そのボランティアの中には
匿名性を保つべくヒーローの姿に扮し
活動している“リアルライフヒーロー”
と呼ばれている人たちも。

そのうちの一人が、
この前の日曜日、
渋谷などでの清掃活動を終えた後、
私の地元にもやって来ました。

私も、しかし普段着で、
別の方が作ってくださった
ハロウィン仕様のゴミ袋で
地元で二時間ほどゴミ拾い。

多くの地元の方々から
感謝や労いのお言葉をいただき、
それで、はりきったわけではないが
みんなが拾ったタバコの吸殻は
600本近く!!

少なからずの喫煙者がポイ捨てし、
少なからずの住民らがゴミ拾い。

ゴミ拾いしてくれる人がいるから
ポイ捨ては絶たないのか、
徹底的にゴミ拾いをしてきれいにすれば
ポイ捨てはなくなるのか、
罰金を科さないと
ポイ捨てはなくならないのか。

楽しいはずのハロウィンで、
渋谷では暴動やスリ、痴漢行為、
そして、至る所でゴミ問題、
いろいろ考えさせれらます…

20181031125741816.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2018.09.02(Sun):ボランティア活動

先日、地元の自治会において、
災害時用備蓄食品を
美味しく食べるための調理法を
保健所の方から教わりました。

備蓄食品は、
災害が起きて配給がなされるまでを
つなぐ食料品とされていますが、
最近は“自助”ということが
強調されているので、
3日分から一週間分を蓄えておくことが
推奨されているようです。

ただ、アルファ化米など
備蓄食品をそのまま食べても
美味しいとはいえないのですが、
災害後は体力や免役力が落ちがちなので
少しでも食が進むよう、
保健所が、美味しく調理する方法を
こうして広めているようです。

もちろん、災害後だけでなく
消費期限が切れそうな備蓄食品を
食べるときにも応用できるわけです。

ただ、こうした調理法だけでなく、
新聞紙でスリッパを作る方法なども
教わりましたが、
普段から繰り返しやっていないと
忘れてしまうんですよね…

20180902120814492.jpg
20180902120750dc8.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2018.08.05(Sun):ボランティア活動

昨日は、東京の江東区北砂
(砂町銀座の近く)というところで、
ゴミ拾い活動に参加してきました。

参加者七名で、
拾ったタバコの吸殻だけでも
400本近く…
どうしたら
ポイ捨てはなくなるのでしょうか…

その後、みんなで、
後輩のお店“オオジマコバコ774”へ
今回は、
全国の被災地を飛び回っている
若者らも参加してくれましたので、
彼女らから
いろいろな被災地の現状を
聞くことができ、非常に有意義でした!
こうした若者たちには
本当に頭が下がります。

ちなみに彼女は、
昨晩、大阪府北部地震の被災地へ
旅立ちました!

20180805093142f8c.jpg2018080509315513d.jpg
20180805100845f67.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2018.07.31(Tue):ボランティア活動

先日、
地元の団地でお祭りがありました。

ただ、私はお祭りを楽しむというより、
裏方として、
主にゴミ収集作業をしていました。

ゴミ集積所の設置から始まり、
夜になると
ゴミがすぐにいっぱいになるので、
ゴミ袋の交換です。

交換している最中にも、
ゴミをもってくる人たちは絶えず、
『これはどこに捨てるんですか?』
と終始きかれっぱなしで、
お答えすると
『お疲れ様です』とか
『ご苦労様です』といった
労いの言葉をかけてくださる方が
たくさんいらして、
本当にありがたかったです。

ピーク時は、
交換したばかりのゴミ袋が、
横で他の三つの袋を交換している間に
いっぱいになるという
凄まじい状況でした。

スマホで写真におさめる余裕など
ありませんでした。

ただ、ゴミ収集の他に、
お神輿を担ぐこともでき、
さらに、お神輿が出発するときや
下ろすときに拍子木を入れる役目も
仰せつかりました。

この、拍子木を入れるという
本来の目的は分からないのですが、
おそらく出発時は
威勢をつけるためだと思われ、
下ろすときはそのタイミングを
担ぎ手さんに知らせるためだと思われます。

というのも、実際、
写真がその時の様子なのですが、
休憩時に担ぎ手さんが食べるための
スイカがまだ切り終わってなく、
私が拍子木を入れるまで
神輿はその場でしばらく
滞留を強いられていました。

『まだ拍子木を入れないのか』
という無言のプレッシャーを
ひしひしと感じながら、
タイミングを知らされるのを
待っていたのでした。

2018073112433590c.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2018.06.23(Sat):ボランティア活動

今朝も、江東区亀戸で、
清掃活動に参加してきました。

二年後のオリパラの際には
今以上に多くの外国人観光客が
東京に訪れてくることでしょう。

しかし、その外国人観光客が
街中にポイ捨てされたごみを
見たならば、
今回のサッカーW杯で、せっかく
日本人サポーターの方たちが
試合後にゴミ拾いをし、
それを他国のサポーターが見習い、
海外メディアが報じるまで、
世界に範を示してくれたのに、
それが台無しになってしまいます。

たしかに、
オリパラ直前や大会期間中は
街をきれいにする
クリーン作戦みたいなことが
行われるのかもしれませんが、
本当はポイ捨てする人たちの意識が
変わってほしいものです。

20180623190705746.jpg
20180623180822a88.jpg
20180623151456a34.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2018.06.04(Mon):ボランティア活動

昨日、亀戸の一地域で
清掃活動をしてきました。

相変わらずタバコの吸殻が
多かったのですが、
ポイ捨てが多い場所と
そうでない場所とが
はっきり分かれていました。

あるいは、近所の方が普段から
きれいにさている場所と
そうでない場所
ということかもしれません。

ただ、駐車場には
ポイ捨てが多い傾向にあります。
乗降時に一服したくなるのでしょうか。

ここにはさすがに
ポイ捨てはないだろうと、
一応、亀戸天神にも入ってみたのですが、
これが、意外にあるんですね。

神さまが見ているかもしれないのに…

20180603101137678.jpg
20180603101731e7b.jpg
20180603101755e73.jpg
201806031018215c4.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2018.05.13(Sun):ボランティア活動
今朝、
亀戸天神付近の清掃活動に参加してきました。
相変わらず、吸い殻が多かったですね…

20180513100346853.jpg
20180513093004da1.jpg20180513093123112.jpg



Tag:
| TrackBack:0