FC2ブログ
2020.08.30(Sun):わたしの信条

先日、安倍総理が辞任を表明しました。
7年8か月もの間、病を押しながら
総理大臣という重責を担ってこられた
ことに対しましては、私からも一言
お疲れ様でしたと申し上げたく存じます。

さて、安倍総理は、
やり残した課題として、
北方領土問題、拉致問題、そして、
憲法改正を挙げていました。

そこで、今回は、これらの問題がなぜ
課題として残ってしまったのか、
そして、今後、こうした課題に
とのように取り組むべきかについて
お話したいと思います。

まず、北方領土問題ですが、
安倍総理は、プーチン大統領との
個人的な信頼関係を築くことに
注力してきました。

しかし、プーチン大統領は
日本から経済協力を
引き出すだけ引き出したあげく
北方領土の返還に応じる姿勢は
まったく見せておりません。

こうした領土問題は、
当時国のリーダーの権力基盤・体制、
経済状況、当時国を取り巻く国際情勢等
すべての条件がそろって初めて
解決に向かうものと考えています。

したがいまして、
その絶交の機会が訪れた時のために
普段から備えておく必要があります。

何を備えておくべきかと申しますと
一国のリーダーというのは、
時が経てば必ず変わってしまいますので、
その時々のリーダーどうしが
個人的な信頼関係を構築していくことは
もちろん大切なのですが、それだけでなく
日本は交渉上タフな相手だという認識を
世代を超え、相手国の為政者に植え付け
続けていくことが肝要だと考えます。

対ロシアで具体的に申し上げますと、
北方領土問題を解決しない限りは、
一銭たりとも日本からは
経済協力は得られないと思わせることです。

そして、領土問題を解決するためには
時間が必要です。
それも数年ではなく数十年という単位です。

なぜならば、繰り返しになりますが、
当時国リーダーの権力基盤・体制、
経済状況、国際情勢、
すべての条件が整うのを待ち、
その間、相手国為政者に対し
日本はタフな交渉相手だという意識を
植え付け続ける、
そのためには数十年間、粘り強く
その時々に応じ緩急織り交ぜながら
交渉を続けることが大切だからです。

ただ、このような時間をかけた
戦略を活かせないのが
拉致問題です。

それは時間が限られていることです。
拉致被害者のご家族が
いらっしゃるからです。

そしてもう一つ、北朝鮮については、
リーダーが存命の限り政権が続き、
権限も集中しているという特徴があります。

ですから、金正恩委員長自身を
説得させる必要があるのです。

そのために安倍総理大臣も
相当尽力してきたはずです。

“はずです”と申しましたのは、
外交は、私たちの見えないところで
いろいと動いているからです。

ただ、私たちが知る限りでは、
トランプ大統領のみならず
文在寅大統領や習近平国家主席にまで
拉致問題を解決するよう、
金正恩委員長に伝えてもらったことです。

しかし、それでも解決しなかったのです。

それでは、どうしたら解決できるのか。

それは、核開発問題で
米朝の間をとりもつことです。

米国のような核兵器保有国が
自分の国は大量に保有しながら
他国には廃棄を求めても説得力に欠ける、
北朝鮮が核開発をやめない理由は
ここにもあるのではないのでしょうか。

ですから、唯一の被爆国である日本が
米国にも核兵器の削減を求めていく、
こうして初めて、北朝鮮も
拉致問題についても歩み寄りを
見せるのではないでしょうか。

安倍総理が残した課題としてもう一つ、
憲法改正です。

進まなかった理由として、安倍総理は
世論が十分に盛り上がらなかったことを
あげていました。

そして、世論を盛り上げるためには、
国会で互いの案をぶつけ合いうことが
必要だとも述べていました。

しかし、護憲を主張している政党に
改正案があろうはずもありません。

したがいまして、
世論を盛り上げるためには
自民党が憲法改正案の内容や必要性を
しっかりと私たち国民に説明する
必要があるのではないでしょうか。

たしかにSNS上などでは、
改正案の内容や必要性も述べられています。

しかし、例えば、
特に問題となる憲法九条につきましても、
世界九位の防衛費をかけ
近代兵器を備えた自衛隊がなぜ
「自衛のための必要最小限の実力」
といえるのか、
たしかに科学技術の発達した現代では
近代兵器を備えて初めて
「必要最小限」といるのかもしれませんが
それならば、なぜ「戦力」に当たらない
といえるのか、
このように、もっと突っ込んだ説明を
する必要があるのではないでしょうか。

例えば、学説の中には「戦力」を
「外敵の攻撃に実力をもって対抗し
 国土を防衛することを目的として
 設けられた人的・物的手段の組織体」
と定義した上で、今の自衛隊はこれに当たる
から違憲だとするものもありますが、
これを説得力をもって否定する説明が
できないのであれば、
例え無理に九条の二を追加したところで
現行の九条との間に矛盾が生じることになり、
よって、今以上の議論を呼び起こすことに
なるだけなのではないでしょうか。

私自身も自衛隊が違憲だとは思いませんが
説明責任だけはしっかりと
果たしていただきたいところです。

さて、最後に、安倍政権時代、
森家計問題、これに関連して
自殺者まで出した文書改ざん問題、
桜を見る会の問題、これに関連して
文書管理問題などもありました。

今ここで、これらの問題について
いちいち糾弾めいた話は致しませんが
疑念を抱く国民に対する説明責任は
どの政権下であっても、
必要不可欠なことではないのでしょうか。


スポンサーサイト



Tag:
| TrackBack:0
2020.08.23(Sun):ボランティア活動

東京は江東区亀戸にお住まいの
本間豊隆さんは、
“かめっこ ほーむず”の代表として
普段から、お子さんの孤食、偏食、欠食等
に対応すべく、地域の方々に無料・安価で
食事や団らん場所を提供する活動をしており
私も時折お手伝いさせてもらっています。

そして、以前も紹介申し上げましたが
8月7日㈮、8㈯、14㈮、15㈯、21㈮、22㈯
各日11時から、亀戸梅屋敷にて、
升本のランチ弁当をお一つ100円で、
お子さんがいらっしゃるご家庭に提供する
活動もされ、私も全日お手伝いして参りました。

初日こそ、学校も夏休み前だったこともあり
お弁当もかなり余ってしまったのですが、
夏休みに入った二日目以降は開始30分ほどで
21日は15分、最終の昨日は10分も経たない
うちになくなってしまいました。

こうした“かめっこ ほーむず”の
活動のメリットの一つは、
お子さんの通う保育園で知り合った
親御さんらが、その後
お子さんらが別々の小中学校に通っても、
ご家族で交流を続けられることにあります。

そして、未だに独身で子育て未経験の私も
今回の活動を通じて、
小さなお子さんのいる親御さんらから
子育てについて色々なお話を
うかがうことができたのでした。
(写真は、本間さんと私のほか、
 ボランティアスタッフの方々とそのお子さん)

20200823110116e66.jpg202008230954171b1.jpg202008230954364b0.jpg



Tag:
| TrackBack:0

コロナ禍で大学の定期試験も
オンライン試験となる一方、
代わりにレポートを課す講義も
少なくありません。

『日本政治外交史』
もそのうちの一つです。

東大の“歴史”に対する一貫した
姿勢が、元資料にあたることです。

今回のレポートでも、
出典について、最低一か所は、
ネット上のでも構わないのですが、
元資料にあたる必要があります。

私の場合、昭和初期における
犬養毅の談話記事を
探す必要がありました。

まず、ネットでは見つかりません。

次に、東大なのですが、何と
その記事を保管している建物が
来年まで工事で利用不可…

次は、私が若かりし頃
通っていた上智大学の図書館です。

お目当ての記事は
所蔵されているようなのですが、
コロナ禍で今月末まで休館…

次は、国会図書館。
予約や利用方法がよく分からず、
PCを前に時間をくうばかり…

レポート提出の締切は二日後です。
他の科目の試験勉強もあります。

あせっていろいろ検索していると
都立図書館にありました!

しかも、コロナ禍の中、
お盆の時期にもかかわらず、
開館しているではありませんか!

が、しかし、
お目当ての記事があるのは、
港区の中央図書館ではなく、
国分寺市の多摩図書館…

日にちもないので仕方ありません。

早速、電話してみると、
開館はしているのですが、
感染防止対策上、完全予約制です。

早速、予約をして、本日、
往復二時間、電車賃¥1,300かけて
行ってきました。

マイクロフィルム上の該当記事の
複写を図書館の職員にお願いすると
「番号をお呼びするまでお待ち下さい」
たしかに、こう言われました。

が、30分待っても呼ばれません。

な、なんと病院のように、
番号がスクリーンに表示される
だけだったのです。

レポート作成や試験勉強のための
時間がおしいんだから、
正確に伝えて下さいよ…

そう、利用者アンケートにも
書いて図書館を出たのでした。

202008162008399bf.jpg
20200816200943c9b.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.08.08(Sat):ボランティア活動

私も、お弁当配布などお手伝い
させていただいておりますが、
8月7日㈮、8㈯、
14㈮、15㈯、21㈮、22㈯、
各日11時から13時の二時間、
JR亀戸駅から北に歩いて7~8分
の所にある亀戸梅屋敷にて、
亀戸升本のランチ弁当
(肉弁当か魚弁当)が一つ
100円で提供されています。

対象は、ご家庭に高校生以下の
お子さんがいらっしゃる方々ですが
ご家族のどなたかお一人でも、
いらしてくださればご家族全員の分
お名前さえ書いていただければ
受け取ることができます。

亀戸以外にお住みの方でも、
高校生以下のお子さんがいらっしゃれば
どなたでもご利用できます。

これは、本間豊隆さんが代表を務める
“かめっこ ほーむず”の活動の一環です。

普段は、お子さんの孤食、偏食、欠食等
に対応すべく、地域の方々に無料・安価で
食事や団らん場所を提供する活動をしており
私も時折お手伝いさせてもらっています。

事前予約などは不要ですので、
高校生以下のお子さんがいらっしゃる方
お時間があれば是非ご利用下さいませ。
各日、先着150個ですので、お早めに。

20200808065422167.jpeg
20200808065442fc1.jpg


Tag:
| TrackBack:0

私の知人が独立して
蟹みそラーメン屋を東京神田は
神保町に開いて十か月経ちました。

昨年秋の開店日には、私も
4時間ほどビラを配りまくって
お手伝いさせていただきました。

そして、このお店は
コロナ禍にもかかわらず、
テレビで何度も取り上げられるなど
今でも大人気です。

そして“雷神ラーメン”という
超激辛ラーメンがYou Tube などで
激辛マニアの間でバズっており、
このラーメンでYou Tube デビュー
した方もいらっしゃるほどです。

こうした人気には理由があります。

一つは、絶えず
商品開発に努めていることです。

例えば、最近の新メニューは
“冷やし蟹みそラーメン”

つけ麺というのはよくありますが、
これは、その名のとおり
冷えた蟹みそラーメンをそのまま
普通に食べることができるのです。

もちろん味は、温かい蟹みそラーメンに
勝るとも劣らず抜群で感動すら覚えます。
このメニューを開発するのに
よほど努力されたのだと思います。

そして、もう一つ人気の理由は
ご主人奥さまのお客さんとの
コミュニケーション力です。

お客さんの顔はもちろん、
知り得る範囲でお一人お一人の
境遇などを把握されており、
食事を邪魔しない程度に
お客さんの様子に合わせ、
笑顔でちょっとした会話をすることで
店内を明るい雰囲気にします。

時には見知らぬお客さんどうしの
一体感みたいなものが
生まれることさえあります。

だからでしょうか、
私の知る限りでは、お客さんも
みなさんマナーがよくいい方ばかりです。

どうやら、お店によって
客層が特徴づけられるというのは
本当のようです。

そして、
こうしたご夫婦のキャラクターが
幸いしてか、
競合するはずのご近居の飲食店の方々
からも愛され支えられているようです。

自分も、このご夫婦から
見習うべき点が多いなと思いながら
“冷やし蟹みそラーメン”を
すするのでした。

20200804110803769.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2020.08.04(Tue):ボランティア活動

昨日も、JR亀戸駅北口にある
花壇の手入れのお手伝いを
させていただきました。

この時季は水やりが重要です。
梅雨が明けてからは
暑い晴れの日が続いておりますが、
水をやっても
すぐに土に吸収されてしまいますので
数センチ程度の深さまで土が湿るよう
何度も何度も水やりを繰り返します。

ただ、あまり長時間作業をすると
人間のほうがまいってしまいますので
今回は三十分余りのお手入れでした。

20200804110731fa0.jpg
20200804110749f32.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.08.02(Sun):政治活動

新型コロナウイルス、
東京、大阪、愛知、福岡、沖縄などで
新規陽性者数が最多を更新し、
感染が全国的な広がりを見せています。
第二波が来たといっても言いでしょう。

ただ、中には、
インフルエンザとどこが違うのか
という声もたしかにあります。

しかし、ワクチンがないため
季節問わず年中流行する兆しがある点、
ECMOという特殊な機器の使用をはじめ
一人の患者さんにかかる医療従事者の
数が通常の1.5倍必要とされ、
身体・心理的負担もより大きいため
医療体制をひっ迫させやすい点、
そして、
抗体や後遺症などでも不明な点が多く、
通常のインフルエンザとは
同視できないと考えます。

やはり未知のウイルスに対しては
素人判断せず、ある程度
おそれるに越したことはなさそうです。

さて、この新型コロナウイルスに
どう対処すべきでしょうか。

この点、東京医師会の会長が
感染源となる店舗に限り
法的拘束力のある休業要請と
補償とを可能にする法改正を
提言していました。

私もこれに同意いたししますが、
様々な問題もあります。

まず、そもそも法的拘束力を伴う
店舗の休業要請は可能でしょうか?

これは、憲法22条1項の営業の自由
が問題となるのですが、
新型コロナウイルスの感染を抑える
必要性があるという点で、
法的拘束力を伴う休業要請は
同条項の“公共の福祉”に当たり
正当化され得るものと考えます。

さらに、補償とセットとすることで
休業要請の憲法上の許容性は高まり、
また、いろいろ説はあるのですが、
財産権を制約した際に補償を要する
とした憲法29条3項の趣旨にも
適うものと考えます。

次の問題は補償の財源です。

この点、地方は独自の財源調達機能が
大きく制限されておりますが、
地方財政法に基づき、
国に財源を求めていくことができます。

そして、
国におかれましては、すでに予備費が
10兆円計上されていますので、
ここからの拠出が考えられます。

ただ、10兆円という異常な額の予備費の
使い途を完全に内閣の裁量に任せる
というのも三権分立上問題があります。

そこで、ここはやはり国会を開いて、
時間的制約があるものの、
議論という過程をきちんと経ることは
民主主義の点からも必要と考えます。

そして、野党も、憲法53条に基づき
内閣に国会を開くよう求めています。

この憲法の規定により、内閣には
国会を召集する法的義務が生じますが
召集期限が規定されていないため、
内閣は国会を開こうとしません。

この点、先の6月10日に出された
那覇地裁の判決によりますと、
召集時期の内閣の裁量は限定的で、
不当に招集を遅延させた場合も含め、
内閣が国会を召集しないと、
少数派の国会議員の意見を国会に反映
させるという憲法の趣旨が没却され、
議院内閣制の下での
国会と内閣との均衡・抑制、協調関係が
損なわれてしまうと判断されました。

安倍総理は
閉会中審査がなされているので
国会を召集する必要はない旨
発言していましたが、
休業要請と補償とのセットを可能にする
法改正も必要と考えていますので、
ここは、きちんと国会を開いて
議論をつくす必要があると考えます。

さて、今、Go Toトラベルキャンペーン
を進めアクセルを踏む国と
活動自粛を求めブレーキを踏む地方との間
に政策のソゴがあると指摘されています。

これは、
国と地方の関係の問題でもありますが
この点は、憲法92条で“地方自治の本旨”
というものが保障されています。

すなわち、この規定により
国から独立した団体に地方自治が
保障されていると考えられています。

もちろん、連邦制をとらない
わが国におかれましては、
国の施策と矛盾・衝突しない範囲で
地方自治の独立が認められている
ということなのですが、
ただ、感染症対策にいたっては、
地方によって人口、年齢構成比、
業種や業態、感染状況、そして
医療体制などが区々なはずですから、
国が統一基準を設けることの実効性は
低いと考えられます。

したがいまして、ここは、やはり
地方に権限を与えるべきと考えます。

ですから、地方が独自に
緊急事態宣言を出すことについて、
政府関係者が“好き勝手にすればいい”
と言い放ったとされていますが、
この発言は地方にとり幸いとなります。

なぜなら、これが公的なものとなれば、
感染症対策については国が地方に
委ねたことになり、あるいは、
国の施策と矛盾・衝突することはなくなり
地方自治の本旨が発揮されるからです。

最後に、政府の説明責任について
申し上げたいと思います。

国・地方にかかわらず、政府はよく
“専門家の意見をうかがった上で”
という枕詞をつけて説明します。

しかし例えば、尾身分科会会長による
Go Toトラベル開始の判断延期の提言を
政府が聞き入れなかったように、
専門家の意見を取り入れなかった
にもかかわらず、
“専門家の意見を踏まえて判断した”
という専門家に結果責任を転嫁する
という解釈の余地を残すような仕方
の説明はすべきではないと考えます。

そうではなく、感染症対策、経済
各々の専門家の意見を紹介した上、
その意見をどれだけ取り入れたのか
または取り入れなかったのか、
その理由も含め、
政府が結論に至った判断過程をきちんと
国民に説明すべきと考えます。

そして、責任は必ず政治がとるのです。

そうすれば、私たち国民も納得でき、
行動もしやすくなるのです。


Tag:
| TrackBack:0