FC2ブログ
2020.09.27(Sun):ボランティア活動

昨日も、霧雨の中、
東京は亀戸の京葉通り沿いを
みんなでゴミ拾いをしてきました。

毎回、お子さんの参加もあるのですが
この子らが大人になったときは
ポイ捨てをすることはないでしょう。

街にゴミがあるのが当前なのではなく
街にゴミがないのが然るべき姿である
という意識をもってもらうためにも、
お子さんの参加は有意義です。

四半世紀前、
私が在住していたパリでは
犬の糞が路上に落ちているのが当前で
これは、吸引器担いだバイクなどで
糞を掃除してくれる者がいたため、
飼い主が糞を始末するという観念が
パリ市民にはなかったからではないか
という気がしました。

ただ最近は、
厳しく罰金が科されるようになり、
路上の糞も少なくなったようですが
わが国のように、そもそも飼い主が
糞を始末するのだという考えがあれば
罰金を科す必要もなかったでしょう。

ただ、わが国でも、
ゴミや吸殻については、
ポイ捨てをしてはいけないと
分かってはいても人目がなければいい
と思っている人や、あるいは
ポイ捨てがいけないとは考えていない
人も中にはいるかもしれません。

すると、一部の外国のように厳しく
罰金を科すしかないのでしょうか。

ただ、そこまでする必要がないよう
お子さんのときからの意識づけも
重要になってくるのかもしれません。

202009271011029c8.jpg

スポンサーサイト



Tag:
| TrackBack:0
2020.09.26(Sat):両親の思い出

先日、両親やご先祖さまが眠る
お墓参りに行って参りました。

二十年前に母親が亡くなった際、
お墓をたてるべき場所が分からず
結局、東京の高尾付近に
母方の実家のお墓がある墓地に
たてたのでした。

よって、下町に住んでいる私が
お墓参りする際は、電車とバスで
一時間半ほどかかります。

自家用車ももっていないので、
コロナ禍の中しばらくいっておらず
およそ九か月ぶりのお参りでした。

特に母方の実家のお墓のほうは、
親戚の方々もかなりのご高齢により
なかなかお墓参りもできないため
汚れが目立ったていたのですが、
二十分ほどかけきれいにした後は
すっきりとした気持ちになりました。

一方、父方の先祖代々のお墓のほうは
実は愛媛県のほうにありました。

母親が亡くなったときは
愛媛の父方の祖母も存命だったので、
あまり気にかけていなかったのですが、
十年前に父親が亡くなった際は、
東京で葬儀や納骨などをすまし、
愛媛では、百日法要をして
分骨をしたのでした。

が、この日が“友引”だったため、
愛媛の親戚一同には
法要にも参列してもらえず、
この時点で祖母も亡くなっていたので
(この時も、当事寝たきりだった父の
 喪主代理として、私が
 愛媛で葬儀などを行ったのですが)
お墓を東京に移すよう、
その親戚らから伝言を託された
ご住職からいわれてしまいました。

ということで、九年ほど前、
愛媛の先祖代々のお墓を壊し、
祖母の遺骨とご先祖さまの霊土を
東京に移したのでした。

死者が友を冥土に招くことになるので
“友引”の葬儀は避けるべきという
考えは、実は陰陽道からきており、
葬儀、とくに法事と“友引”は
仏教では関係ないらしいのです。

だからか、百日法要のお経を
愛媛のお寺さんにお願いした際
その日は避けたほうがいいとは
いわれなかったのです。

ただ、一般的には避けたほうがいい
とされていることさえつゆ知らず
お墓についても無頓着だった
私が招いた結果だったのですが、
東京で父母それぞれのご先祖さまを
お参りすることができるようになりました。

20200926083512b7d.jpg

Tag:
| TrackBack:0

先日、自身が通う大学の
定期試験の成績発表がありました。

評価は、おおよそですが
“優上”(90~100点、上位5%)
“優”(80点台、同5~30%)
“良”(70点台、同30~60%)
“可”(60点台、同60~90%)
“不可”(60点未満、同90%~)
となっています。

個人的には会心のできだと思っても
“良”であることが多く、
“優上”はおろか“優”を
取るのも容易ではありません。

そんななか、先の春期に
“憲法演習”で
“優上”を取れたのは
素直にうれしいですね。

他の科目の評価については
区々ですが、“優上”は
“刑法総論”以来の二個めです。

小中学生のころから
受験戦争をくぐり抜けてきた
若い頭脳集団の中には、
単位を取って卒業できればいいと
知力を全開にしていない若者も
少なくないとは思いますが、
それでも、
私のようなおっさん脳でも
“優上”を複数取れたいうのは
本当にビックリです!

2020091815444187b.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2020.09.13(Sun):ボランティア活動

今朝は地元団地での清掃活動でした。

この団地には、
テーブルと椅子が設置された
憩いの場があるのですが、
実は、これが間近の住民にとっては
悩みの種となっているのです。

なぜならば、
この場所の利用者の中には、
吸い殻はさることながら、
そこで飲み食いした容器ゴミを
そのまま捨てていく者が少なくなく
また、特に夏場は、
夜中に集まり騒ぐ輩もいるからです。

つまり憩いの場が、
環境悪化の元凶と化しているのです。

ゴミについては、業者が
片付けてくれることもあるのですが
それでもすぐに、
吸い殻やゴミが捨てられてしまいます。

より深刻なのは夜中の喧騒でして
団地の管理事務所に相談しても、
自分で警察を呼んでくれ、
と言われるだけなので、
実際、私も、先日の夜中に
110番をしたばかりでした。

警察も慣れたものでして、
私が住所を伝えたら、すぐに
『あっ、○○の前ですね』
と分かってもれえました。

他の多くの住民も普段から
110番をしているのでしょう。

こうした憩いの場は、
法人社員が住民に意見も求めず
机上だけでよかれと思い
作られたものなのでしょうが、
それによって大量のゴミが出、
睡眠の妨げにもなっているのですから
できれば撤去してほしいものです…

20200913132506862.jpg202009131330566d5.jpg
20200913133126062.jpg20200913133219f45.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.09.12(Sat):他政党のやり口

まずは下の写真をご覧ください。
手前にKS党のポスターがあります。

しか~し、ここは元々私のポスターが
半年以上にわたり貼ってあった場所。

どうやらKS党が
私のポスターがはが(さ)れたすきに、
家主さんに無断で貼っていった
と、家主さんがおっしゃっていました。

しかも家主さんは、本当は各党一枚しか
貼らせたくなかったらしいのですが、
このKS党は一番奥に既に貼ったのに
私のが貼ってあった場所に、二枚目を
無断で貼っていったということです。

ちなみに、その隣にあるKM党のも
私が自分のを貼った時点では
上の一枚だけだったのに、いつの間にか
その下に二枚めが貼ってあります。

それにしてもKS党は、一番手前に
私のポスターが貼ってあったことは
少なくとも一枚目を貼った時点で
知っていたはずですから、
私のがはが(さ)れ場所があいていた
とはいえ、せめて家主さんには、
一言断ってほしかったものです…

このKS党の下に最近貼りだされていた
他党のポスターも、不思議なことに
数日の間になくなっています。

来年夏に都議選を控え、各党が
候補者のポスターを貼り始めている
昨今、既存ポスターが
荒れされる傾向にあります。

他の私のポスターも、相変わらず
いたずらをされ、はがされています。
その現場を目撃した方もおります。

また、下の写真にもありますように
私のポスターに、端とはいえ
平気で重ねて貼ってくる
KM党ポスターもあります。

ポスター貼りのみなさんには、
もう少しだけ道徳心を
もっていただきたいものです…

20200903140918fd9.jpg
20200912094440bab.jpg202009120638532cb.jpg
202009120638287b7.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2020.09.07(Mon):ボランティア活動

先日、広告つきのゴミ箱を
街中に設置することを目指し、
その設置場所を決めるべく、
ゴミがポイ捨てされている場所を
その量によってS、М、Lに分け
記録するアプリを開発した若者の
紹介をいたしました。

そして、十日ほど前になりますが、
そのアプリを使いながら
東京江東区は亀戸という所で
清掃活動に参加してまいりました。
回を重ねるごとに参加者も増え、
区外からおこしの方々も
大勢いらっしゃいました。

それにしましても、
吸い殻が多いのは相変わらずですが、
最近特にに目立つのはマスクです。
ヒモが切れたわけでもなく
マスクをわざわざ道端に捨てる
というのも謎です…

ゴミ拾いの後は、
国産無添加フルーツジュース専門店
“こちる”さんで
産地直送・静岡県産紅ほっぺイチゴ
の入ったミルクかき氷を堪能です。

202009031304362ba.jpg2020090310322495b.jpg
20200903131346602.jpg






Tag:
| TrackBack:0

今回は、以前ご紹介した
“石黒商店”さんのご家族のお話です。

ここの奥さまはゴキブリ(G)が大の苦手

ある日、帰宅して玄関を開けた際
Gもついでにお部屋に侵入!

するとGは、中学生の長男くんが
用をたしている最中のトイレに
下のすき間から侵入!

すると、奥さまは大急ぎで
そのトイレのすき間を
テープでしっかり塞ぎ
Gごと長男くんをトイレに隔離。

“なんだよ、これ!”
“ふざけんなよ‼”

と叫ぶ長男くんに
Gを退治してもらったのですが、
その後、
こっぴどくしかられたそうです…


Tag:
| TrackBack:0