FC2ブログ

私の出身校である第二大島中学校の後輩で格闘家の酒井 秀信さん、
同じく自営業者のYoshihisa Yazakiさん、そして
先日の朝の駅頭活動に応援にかけつけてくれた
タレントの長井秀和さんらと西大島の唐揚げを堪能して参りました!

20201025103110336.jpg
20201025103133b18.jpg


スポンサーサイト



Tag:
| TrackBack:0
2020.10.17(Sat):ボランティア活動

JR亀戸駅北口前には花壇がありますが
まず目についてしまうのは残念ながら
花壇の中や周辺に落ちているゴミであり
いつも多くの方が拾って下さってます。

私も時折拾っていることは
何度か投稿してきましたが、
今回はゴミ拾いの話ではなく、
花壇の主役の花や植物たちのことです。

私も、この活動に参加する前は
知らなかったのですが、
ボランティアの方々が定期的に
枯れた植物を処理しつつ
新しい季節の花を植えているのです。

以前は、この花壇にある花や植物が
季節ごとに変わっていることには
気がついていましたが、正直、
その理由については
あまり気にとめていませんでした。

この活動に参加して一年あまり、
今まで水やりとゴミ拾いをしてきて
見習い期間を過ぎた(?)私も初めて
季節の花の苗を植えるという
大役(?)を仰せつかりました。

この活動は平日ということもあり
お子さんの参加はないのですが、
参加すればきっと、学校と異なり
ポイ捨されたゴミに泣かされても
咲きほこる花たちに触れることで
花や植物を愛する心が
一層育まれることでしょう。

20201017062721894.jpg20201017062740ba6.jpg
20201017062707012.jpg


Tag:
| TrackBack:0

一週間ほど前になりますが、
若かりし頃に通っていた大学時代の
ゼミ友だちに誘われ、
東京は日本橋で“コオロギラーメン”
なるものを食してきました。

誘われた時はどうしようかと悩み、
実際に目の前に出されたときも
正直、食欲がそそられるとは
言い難かったのですが、
コオロギ自体はふつうの佃煮と
味は変わらず、
おいしくいただくことができました。

スープも、仕入れた乾燥コオロギを
一日一万匹使って出汁をとったもので
とても香ばしく
全部飲み干してしまいました。

仕入れたコオロギは養殖されたもので
ここのラーメンだけでなく、
コオロギせんべいなど食材としての
需要はかなりあるようです。

私たちは11時開店と同時に入ったので
余裕で座れることができたのですが、
30分もすると15名分ほどの席は
いっぱいになり、正午近くになると
並んで待つお客さんもみられ、
かなり流行っているお店のようです。

ラーメン以外にも
コオロギをまぶしたごはんや
コオロギビール、
他の昆虫を食材とした料理、
夜はディナーコースもあるようです。

場所は日本橋馬喰町2-4-6で
『ANTCICADA』というお店です。

みなさんも、話のネタとして
一度訪れてみてはいかがでしょうか。
20201011070556653.jpg20201011070933e95.jpg
20201011070737a11.jpg
202010110706364b3.jpg20201011070614030.jpg





Tag:
| TrackBack:0
2020.10.01(Thu):政治活動

昨日、演説をした東陽町駅では
いつも、ペコリと頭を下げて
挨拶をしてくれる小学生がいる。

初めて会ったのは彼が小1の時。
とある私立小に通う彼は、当初は
お父さんといっしょに通っていた。

それが間もなく
彼一人で通学するようになり、
今ではもう小6である。

お父さんに連れられていた頃は
とても小さくてかわいかった彼も
今では私と身長が変わらないほど
大きくなっていた。

そのことに改めて気が付き、
びっくりしたのが一か月ほど前。

親御さんほどではないが、
いつも会っていると、
成長に気が付かないものだ。

一昨日紹介した亀戸の女の子には、
私と距離を置くようになったという
精神的な成長がみられたが、
こちらの男の子のほうは、
お辞儀や声の感じは6年間変わらず
身体が成長したということだ。

それにしても、
長年こうした活動をしていると、
子どもの成長がみられるというのは
存外のよろこびである。


Tag:
| TrackBack:0