FC2ブログ
2020.11.29(Sun):政治活動

昨日、
北砂アリオ前で演説をしていると
女子高生が不意に声をかけてきた。

これからバイトにいくという。

そして、
温かい一本の缶コーヒーを
差し出した。

バイト代で買ったらしい。

断ろうにも断れなかった。

いつも応援しています
そういって彼女は
アリオに向かった。

どうしても飲めなかった私は
ポケットに差し込んで
カイロ代わりにした。

温かった

そして、冷めた今も
飲めないでいる。

20201129071132071.jpg

スポンサーサイト



Tag:
| TrackBack:0

先日「劇場版『鬼滅の刃』 」
を観てきました!
もちろん(?)学生料金で(笑)

私の場合、テレビ放映されたアニメに
影響を受けた“にわか”というか、
ミーハーである上、
コミックを読んだこともないので、
詳しいことはよく分かりません。

ただ、アニメや映画を観た限りの感想を
以下に綴ってみたいと思います。

【以下ネタバレ注意!】

一言でいうと、
今までのアニメと比べると、
現実の厳しさも見せていると感じました。

それは、
ヒーローが実力以上のものを発揮し
奇跡を起こして敵を倒す
ということがないという点です。

例えばテレビアニメでは、炭治郎は、
“円舞”という奥の手を使っても
蜘蛛鬼の累を倒せず、
(従来のアニメならここで決着か)
水柱の冨岡に助けられています。

また映画でも、火柱の煉獄は
結局、上弦の参の鬼を
倒すことができませんでした。

しかし、
誰にも実力を伸ばす可能性があることも
ところどころ示唆されている気もしました。

例えば、煉獄は上弦の鬼と対戦中、
まだ肉体的にも最盛期ではないことを
その鬼から指摘されています。

ただその一方で、
その実力をつけていくのも容易ではない
ことも示されていたと思います。

例えば、テレビアニメでは、
柱になるためには
血のにじむような鍛錬を要することを
親方様が炭治郎に伝えています。

映画でも、
炭治郎が呼吸で怪我を治そうとした
シーンがありましたが、
それができるのが柱への一歩ではあるが
柱になるためには一万歩必要であると
煉獄から言われています。

相当の努力を重ねて実力をつけない限り
高い目標を達成することなどできない、
奇跡ではものごとを解決できない、
そんな教訓めいたことを
このアニメから感じ取りました。

さて、話はガラリと変わりますが、
十億円年末ジャンボが発売中です。
夢を買うことができるというのが
宝くじのだいご味ではありますが、
日々何の努力もせず、
こうした奇跡ばかりに賭ける人がいれば
炭治郎の爪の垢でも煎じて飲みましょう(笑)

20201122114807f0f.jpg
20201122114743dad.jpg
20201122114842337.jpg


Tag:
| TrackBack:0

私は経営者でも何でもないのですが、
一昨日の勤労感謝の日に、
倫理法人会の都内はとバスツアーに
ゲストとして参加してきました。

Go To トラベルを利用したもので、
大森海苔のふるさと館、
アクアパーク品川、
東京タワーに訪れ、最後は
九段のホテルでブッフェランチを
堪能してまいりました。

どこも入場制限などがあったので
休日でも人混みはなく、
人生初のイルカショーも
余裕で見ることができました。

東京タワーは約40年ぶりでしたが
メインデッキと高さが変わらない
ビルが周りに多く建ち並んでいて、
圧倒的な高さを感じられず、
隔世の感がありました。

どの場所も、一人では
なかなか訪れないところだったので
とても有意義な休日を過ごせました。

一方、こうしたGo To 〇〇を
利用できずに医療現場で働いている
方々もいらっしゃいます。

他方、私が訪れた施設やホテル、
はとバスで働いている従業員、飼育員、
料理人などもいらっしゃいます。

みなさん、生活がかかっています

新型コロナウイルスについては、
いろいろな方々がいろいろご意見を
お持ちでしょうが、少なくとも
医療現場で働いている方々の声には
真摯に耳を傾ける必要はありそうです。

政府の音頭も必要なのでしょうが、
私たち一人ひとりが率先して
感染拡大防止に努めることが、
勤労者みなさんの生活を守るためにも
必要なのではないかと考えさせられた
まさに勤労感謝の一日でした。

20201125135614cc0.jpg20201125135635d3e.jpg
202011251356530a0.jpg20201125135726963.jpg2020112513570986b.jpg
2020112513575203a.jpg
202011251343028f4.jpeg






Tag:
| TrackBack:0
2020.11.20(Fri):経済・税金問題

ある日、青信号になった
横断歩道を渡ろうとしたとき、
右から、車道を走るUb〇r Ea〇sの
自転車が突っ込んできて、
私の前を通りすぎていきました。

その際“チッ”と舌打ちされました。

彼にとって赤信号はどうでもよく、
とにかく横断中の私が
邪魔だったのでしょう。

この手の配達員の信号無視は、
この他にも数多く見てきました。

そのとき私は考えました。
交通ルールを守れない者が
納税ルールも守れるのだろうか?

配達員が確定申告しなかったら、
彼がどれだけ稼いだのか
税務署は分かるのだろうか?

しかもUb〇r Ea〇sのような会社は
外資のことが多いから、その会社から
配達員の情報も入手しにくいだろうし

それなら税務署は、どうしたら
配達員から税金をきちんととれるのか。

そんなことをテーマにして、数か月前
ある懸賞論文に応募していました。

そして、先日、
入選の知らせがありました。
これで賞金十万円ゲットです!

配達員にとっては
はた迷惑な話かもしれませんが
これこそ舌打ちの10万倍返しです(笑)
(↓このリンクから論文をお読みいただけます)
https://drive.google.com/file/d/1f1S6HBVNswkdBx_xu9bQCoCe9E9pCl5N/view?usp=drivesdk
2020111720113643f.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2020.11.14(Sat):政治活動

先日、街頭演説をしていた際、
ちょっと離れたところで、
二人のお子さんを前後に乗せ
電動自転車をこいでいたお母さんが
スローモーションのごとく
ゆっくり倒れていくのが見えました。

“大惨事”が私の脳裏をよぎりました。

チャイルドシートから投げ出された
二人のお子さんが大けがをして
泣き叫ぶ様子が…

が、案の定、横にゆっくり倒れた後も、
泣き叫ぶ声は聞こえてこず、
ただ、重い電動自転車を起こそうと
必死になっているお母さんの姿が
遠くに見えただけでした。

私も演説を中断して
起こすのを手伝いに近くに寄りました。

すると、前の席にすわっていた
おにいちゃんのほうは
何事もなかったかのように冷静に
すくっと席から離れ立ち上がりました。

後ろ席のおチビちゃんのほうはというと
シートベルトをしていたため
そのままケロッとした感じで
横に倒れたまま座っていました。

おそらくは、チャイルドシートが
多少のことがあっても
子どもがけがしないような
材質・構造になっているのでしょう。

私が小さかったころ、
おじいちゃんがこぐ自転車の後ろに
またいで乗ってい際、
“足が車輪に絡まらなければいいけど”
と子どもながらに思っていた矢先、
やはり絡まって泣きさけんだという
思い出がよみがえってきました。

自転車、進歩しています。


Tag:
| TrackBack:0
2020.11.10(Tue):ボランティア活動

わが母校の城東高校の横を通り、
JR亀戸駅近くの京葉通りに出る
緑に囲まれた道“緑道”があります。

この道は、かつて
都電・路面電車が通っていた跡です。

幼かったころ、
亡父とここから都電に乗って、
東映マンガ祭りやゴジラ対○○を観に
錦糸町の楽天地まで行ったものです。

“デビルマン対マジンガーZ”という
アニメ映画が当時あったのですが、
どちらが勝つのだろうと
ワクワクした気持ちで観に行ったら、
共に協力して敵を倒すという内容で、
子どもながらに騙されたと思った
記憶があります。

そんな思いでのある緑道で、先日、
清掃活動をしてまいりました。

他の場所と大きく異なる点は
ゴミよりも落ち葉が大量にあることです。

他の場所では吸殻や紙くずを一つ一つ
トングでつまんで拾っていきますが、
ここでは落ち葉とゴミを一緒くたに
ドサッとゴミ袋に入れていきます。

吸殻やゴミ自体の量は
他の場所と比べると少なめです。

やはり緑があると、
ポイ捨てしづらくなるのでしょうか。

202011101709047c4.jpg202011101708246ad.jpg
20201110170304f84.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.11.07(Sat):ボランティア活動

東京江東区は亀戸と南砂町で
小中学生を対象とした無料の
勉強会が開かれているのですが、
私もこの二か所で勉強のお手伝いを
させていただいております。

亀戸のほうはコロナ禍の影響で
お休み中ですが、
南砂町のほうは先日感染防止策を
とりながら再開しております。

具体的には部屋の換気を行い、
消毒、マスクもしながら、
子どもがプリント教材に取り組み
私がそれを採点・添削をするなど
お互い物理的距離をとりながら
(こころは至近距離w)
みんな楽しんでやっております。

二時間近くお勉強した後は、
各自持参のお弁当やパンを
ほおぼりながらの
リラックスタイムです。

この勉強会が中断する直前の
今年の二月のバレンタインデー、
私はここの生徒さんからチョコを
もらっていたのですが、
中断により、ホワイトデーの
お返しができずじまいでした。

そして、半年以上も経った先日、
ようやくお返しができたのです。

もし、お子さんをこの勉強会に
参加させてみたいという親御さんが
いらっしゃいましたら、
メッセージにてご連絡ください。

毎週金曜の17時~21時ですが、
この時間帯であれば、
途中の入退出は自由ですよ!

202011070715522df.jpg
20201107074756e53.jpg
202011070904363ae.jpg
202011070718103cc.jpg



Tag:
| TrackBack:0

先日、普段お世話になっている
刀剣研師の臼木先生と
そのお弟子さんによる
刀剣研磨の実演が深川江戸資料館の
伝統工芸展でありました。

研磨には複雑な工程があるようでして
刀にもよりますが、一本につき
百時間近くかかることもあるそうです。

しかも、この日の実演でも実際、
一作業終わると相当汗をかかれていて、
かなりの“集中”力を要することが
うかがわれました。

刀というと、
まさに今話題の「鬼滅の刃」のように
武器としての面を思い浮かべがちですが
美術品や神器としての面もあるようでして
神器だからこそ、鬼を切るものとして
アニメでは描かれているのかもしれません。

鬼はさておき、人を切ったりすると
かなり刃こぼれしてしまうそうでして、
武器としての刀は切るためのものというより
打撃用ともいえるのかもしれません。

また、刀をふられると人は本能的に
身を守ろうとして手を差し出すので
指が切られることが多く、
160年前の桜田門外の変や
3年前の富岡八幡宮での事件でも
指がかなり落ちていたらしいです。

さて、写真にあるように、
市松模様のマスクをしていったところ、
他にも同じマスクをした方々もおり
ちょっと気まずかったのですが、
その方にこの写真を撮ってもらいました。

ちなみに、臼木師匠は
「鬼滅の刃」をご存知なかったようです。

20201105124411806.jpg20201105124438609.jpg
202011051245071b8.jpg20201105124527722.jpg
20201105131644af8.jpg202011051245450b7.jpg





Tag:
| TrackBack:0

私が時折着けている絵柄のマスクは
亀戸天神の近くにある飲食店
“EAT CAFE ANZU”さんで販売している
手作りマスクです。

昨日、新しいマスクを購入すべく
このお店に行ってきました。

このお店は、
喫茶店というには料理や飲物の
ラインナップが充実したお店で、
アルコールも楽しめます。

写真は、日替わりランチですが、
どの料理も美味しいだけでなく
栄養バランスもとれていて、
お店の方の真心が伝わってきます。

さらに、他のお店にはない特徴は、
一か月ごとにかわる
このお店オリジナルの塗り絵を
楽しむことができることです。

できた作品は店頭に飾られ、
一月に一度選ばれる優秀作品には
何かもらえるようです。

私は選ばれたことがないので
何がもらえるか分かりませんが…

みなさんも亀戸におこしの際は
このお店で飲食をしたついでに
塗り絵も楽しんで
優秀作品を目指してみませんか。

20201103064310647.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2020.11.01(Sun):ボランティア活動

以前も紹介いたしましたが、
別々の保育園や小学校に通う
お子さんや親御さんが交流する場
“かめっこほーむず”を
東京は亀戸で提供する活動を
なさっている本間豊隆さん。

昨日もハロウィンということで
公園に、射的、ヨーヨー釣り、
玉入れ、スーパーボールすくい
といったおもちゃを用意し
近所の子どもに遊んでもらいました。

そして、近くの公民館の部屋でも、
子どもたちは、玩具で
綿あめやポップコーンを作り
飲食を楽しんでいました。

私も、検温や射的場の整備といった
お手伝いをさせていただきながら、
よそ様のお子さんなので、また当然
保育士といった立場でもないので、
ただ、かわいくてしょうがないという
おそらくは、おじいちゃんにも似た
感覚で子どもと戯れていました。

そして、時折、ポテトサラダ、唐揚げ、
肉じゃがなどを提供してくださる
近くの居酒屋“仲よし”さんで、
先日は、本間豊隆さんと交流している
仲間が集う機会もありました。

そこでは、本間さん手作りの
出席者お一人お一人にちなんだクイズや
出席者を紹介する映像などもあって
披露宴のような様相を呈していました。

私も含め、
自分のことしか考えがちな人が少なくない中
これだけ他人に興味を持ち尽力できる方には
本当に頭が下がります。

2020110109430462d.jpg
20201101082729777.jpg
20201101081842cb2.jpg20201101082446c23.jpg




Tag:
| TrackBack:0