FC2ブログ
新聞の読み方 | 日記
2013.03.13(Wed):防災復興・原発問題
昨日は、東京からみた被災地について述べてみたので、
今回は、被災地の現状について、
というと、非常に偉そうなので、
単にテレビでどういう報道がなされていたのかについて、
お伝えしたい。

だから、本日のは、
あー、それテレビで観たよ、
と思われる内容なので、ご了承いただきたい。

当初の復興予算19兆円のほとんどが使われようとしているのに、
テレビ画面を見る限りでも、
復興が進んでないのは、明らか。

なぜ、復興が進まないのか?

復興庁が、省庁の縦割りを解消するために与えらた、
その大きな権限を使わないから?

政治がリーダーシップをとらないから?

私もそう思っていた。
しかし、ちょっと違う原因もあるようだ。

復興の段階として、大ざっぱにいうと、
計画段階と、それを実行する事業段階とがある。
そして、それぞれの市町村によって、事情が異なっているようだ。

まず、計画が難航しているところ。

住み慣れた海沿いに住むのか、
安全な高台に移住にするのか、
といった住民のみなさんどうしで意見が合わない。
一つの市だけでも
10以上のグループに分かれているところもあるという。

  それぞれが、好きな所に住んだらいいやん。

と、無責任に思ったとたん、
それでは、水道や電気、ガスなどのインフラ整備が行き届かず、
インフラを拡充するにも莫大な予算が必要になるとの解説が。

また、住民どうしの意見がまとまったとしても、
今度は、行政との調整がうまくいかないところも。
さらに、雇用問題と絡んで、産業地域との調整もある。


次に、計画段階をクリアしたところでも、
事業段階でつまづいているところもあるらしい。

区画整理をしようと決めたのはいいけれど、
数人の職員で、数百人の地権者の合意を得る必要がある。
だから、なかなか進まない。

あるところでは、
入札にかけても業者が見向きもしなかったというケースも。
そんなところでは、
企画立案の段階から民間に委託して、
業者にとって魅力ある計画をたててもらって、
多くの業者に参加してもらう、
といった工夫をしているところもあるという。

まさに、民間の知恵の活用。
プライドの高い中央省庁なら、絶対にしない工夫。


以上のようなことは、主にNHKで紹介されていた。

午前0時を過ぎると、NHKで、”NEWS WEB 24”という、
一般視聴者のツイートを紹介しながら、
ニュースを解説する番組をやっている。

ちなみに、橋本菜穂子アナは私のタイプ。
(すみません…)

そこで、一番目にしたツイートは、
”なぜ、復興は進まないのでしょうか?”

スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/102-52facb98