FC2ブログ
新聞の読み方 | 日記
2013.04.08(Mon):防災復興・原発問題
4/6付のブログで、
在日米軍や自衛隊は、時代や場所によって、
”必要”にもなり、”悪”にもなるというお話しをした。

今、福島第一原発で貯水槽の汚水漏れが問題となっているが、
必要悪は、原発問題にもいえると思う。

代替エネルギーや自然エネルギーなどが実用化されるまでは、
環境的にも、経済的にも、原発は当面、”必要”。

しかし、福島県民の方々にとっては、”悪”。
なぜなら、福島第一原発事故によって、避難生活を余儀なくされ、
風評被害によっても生活が脅かされたからである。

他の原発の近くに住んでおられる多くの方々にとっても、
小さなお子さんがいる方々にとっても、
将来、同様の事故が起こる危険があるので、
”悪”が、”必要”を凌駕する。

ただ、時間が経てば、”悪”は忘れ去られてしまいがち。
だから、原発事故による被害を風化させてはならない。


私の場合、原発の近くに住んでいないので、
電気料金のほうが気にかかり、”必要”。
”悪”の部分は、マスメディアなどを通じて知るものの、
実感できていない。

しかも、真冬の北極海の氷が日本列島一個分消えた
との報道も先日なされていたが、
環境破壊がこれ以上進むと、今度は、
宇宙で飛び交っている有害な放射線が、
それこそ、地球規模で差し込んできてしまうおそれがある、
というお話しは、衆院選のときの演説でもさせていただいた。
(昨年12/20付のブログご参照。)

ただ、二度と福島第一原発のような事故を起こしてはならないし、
上述のように、原発事故による被害を風化させてもならないので、
稼働させるための安全基準は厳格にすぎるくらいなほうがいい。

だから、原子力規制委員会が、
原発の運転期間を原則40年に制限し、
例外的に運転延長を認める場合は
”特別点検”を必要としたことには賛成である。

たしかに、”特別点検”は、
時間と費用がかかりそうだとういうことだが、
安全の確保ということからしても、
そのくらいは仕方がないことだと思う。


”悪”だからといって、その”必要”性を完全に否定するのではなく、
”必要”性は認めつつ、”悪”を減らしていくことに努めたほうがいい。

ただ、繰り返しになるが、
代替エネルギーや自然エネルギーなどが実用化されれば、
原発は、”悪”以外なにものでもなくなるので、”必要”もなくなる。


スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/131-0e6d3441