FC2ブログ
おもろい話やで | 日記
私は、バラエティー番組を視るのが好きで、
一昨日も、ロンドンハーツという、
一番子どもに見せたくないといわれている番組を視ていた。

そのときは、既婚の芸人さんが、
未婚のMCや離婚経験のある芸人さんの目の前で、
単にのろけるという内容であった。

最初は、あまりにバカらしくて、
チャンネルを変えたりしていたのだが、
だんだん、実はこういうのって大事だなっと感じてきた。


独身には様々な理由がある。

いくら努力しても、結婚できない。
理想が高く妥協しないから、結婚できない。
いつかはできるだろうと、たかをくくっているから、結婚できない。
何からの理由やポリシーがあって結婚しない。
結婚に特に価値や意義が見いだせず、成り行きに任せているから、結婚できない。
等々…

私の場合、最後の理由が最も当てはまる。
結婚は、できたらできたでいいけど、
無理してするほどの意味があるのかと思ってしまう。

ただ、遅くとも退職後は政治家を目指してみたい、
人生をかけてみたいと漠然とは思っていたので、
金銭という点でも、時間という点でも、責任という点でも、
一人でいたほうがいいとも思っていた。
だから、最後から二番目の理由も当てはまる。


ただ、さらに突き詰めて考えてみると、実は、
このように私に思わせた原因がある。

私は、二十代のころまでは、結婚も積極的に考えていたときがあった。
しかし、既婚の友人、知人などの話を聞いていると、
あるいは、その様子をみていると、
無理してまで結婚する必要はないという考えが、だんだん強くなってきた。

既婚者のみなさんは、苦労話をされることが多い。
あるいは、苦労しているという雰囲気を醸し出されることが多い。
子育て、夫婦げんか、親せきづきあい等々…。
本当は、そうした苦労の中に幸せがあるのかもしれないが、
頭の悪い私には、それを感じるこができなかった。

かといって、人前でのろけすぎるのも問題。
あまりに幸せを強調すると、嫌味にさえなる。


ただ、一昨日のロンドンハーツを視ていて、
めずらしく、結婚するのもいいかもしれないと思った。

ここは、芸人さんという話し手の腕なのであろう。
苦労話をおもしろおかしく、
視る者の興味を惹くように話されるので、
みなさんの幸せ感がひしひしと伝わってきた。

だから、既婚者のみなさんにも、
芸人さんのようにとは申しませんが、
結婚の悪い面だけでなく、いい面も、
独身者にうまく伝えてくださると、
少子化のスピードも遅くなるかもしれません。

ただ、私には結構です。
選挙に落選して、好き勝手に生きている、
無職で五十近い男性、
どうみても、結婚する資格はありません。

正直、精神的にまいっているとき、
今後も、ここ一番、踏ん張らなければいけないとき、
人生の伴侶がいれば、これ以上心強いことはないでしょう。

しかし、それは、あまりに自分勝手で、無責任な考えであるということ、
そして、何よりも、そんな男性といっしょになろうという女性はいないということ、
ちゃんと自覚していますので。


最後に、私が独身でいる本当の理由。
それは、単に、もてなかっただけ。
失礼しました。


スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/133-a113b165