FC2ブログ
平日の昼下がり、マクドに行く。
こんなにもサラーリマンが多いのか。

しかも、空間だけでなく時間もだ。
サラリーマンが出ていったあと、
すぐに別のサラリーマンがすわる。

書類を広げて仕事をしている体のサラリーマン。
目を閉じているだけのサラリーマン。
おしゃべりしているだけのサラリーマン。
彼らが公務員だったら、きっと世間は大騒ぎ。

休日のマクドは、小さなお子さん連れの家族が多い。
夜のマクドは、学生さんが多い。

曜日や時間によって、
マクドの風景は、こんなにも違うものなのか。


次に、郵便局に行った。

私は、このブログを書籍化した本の出版を宣伝するべく、
城東郵便局と深川郵便局とに有料広告、
つまりポスターを貼り出していた。
(なお、GW開けからは、板橋郵便局、板橋北郵便局(志村)
 そして、6月からは、板橋西郵便局(高島平)にも貼り出す予定)

結構、みなさん、特に窓口で自分の順番が来るのを待っている方が、
その私のポスターを見てくださっている。
が、その当の本人が目の前にいるのには気がつかない。


家に戻ってしばらくすると、
都議選に立候補すると思われる人が演説しだした。

自分が昨年の衆院選で、集合住宅前に演説をしていたとき、
窓を閉め切った部屋にいる住民の方に
どれだけ声が届いているのか心配だった。
(昨年12/20付のブログご参照)

今回のでようやく分かった。
耳を澄ませば、内容は分かる。

が、正直、内容は抽象的で空疎。
心にまったく響かない。

演説はすぐに騒音と化した。
さっさと、行ってほしかった。
我慢できたのは5~10分。

その時間をすぎると、ストレスがたまりだした。
にもかかわらず、その演説は30分以上にも及んだ。
感情的に、その候補には投票したくなくなった。


自分が実際に演説をしたとき、
声援を送られたこともあったが、
罵声を浴びせられたこともあった。

四か月以上たって、すべてが分かった。


スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/145-be61d646