FC2ブログ
先日のブログで、
英会話学校でお知り合いになった方々と
十年以上ぶりにお会いしたお話をした。

そして、先日、といっても一か月以上も前だが、
三十数年ぶりに中学時代の仲間とお酒を飲んだ。
つまり中学卒業以来だから、
みんなとは初めて(?)お酒を飲んだのである。

”3年B組 金八先生”という番組は、
多くの方がご存知のこととは思うが、
私も、まさにその番組が始まったとき、
3年B組であった。

ただ、私の母校、第二大島中学校は、
学年を通じてみんな仲がいいので、
先日の会は、3年B組の仲間が集まったというのではなく、
”金八先生”の代に卒業した仲間が
二十人ほど集まったという感じである。

しかも、元々は、
この前の2月の東京マラソンを完走した仲間を祝う会だったところ、
たまたま、私が昨年の衆院選に立候補したことを知った仲間が
私にも声をかけてくれたということであった。

公認をいただいてから公示日まで一週間しかなかったので、
立候補することは、
当時の職場の方と一部の友人くらいしか知らなかったのである。

十数年前も、地元で、卒業生と、当時お世話になった先生方も集まって、
大々的に同窓会が開かれていたのだが、
当時、私は、霞が関に勤めていて、仕事で参加できないでいた。
あるいは、もしかしたら休日だったのかもしれないが、
疲労困ぱいで、参加しようという体力・気力もなかったのかもしれない。

そのとき、幹事をしてくださった女性とも話をしたのだが、
本当に申し訳なかったと謝った。
数百人規模の人に連絡をして、会場をおさえ、
当時の先生にも気を使って式を挙行する。
どんなに大変なことだったか、
十数年前の私には、そこまで思いをはせることができないでいた。

みんな、地元を離れてしまい、
残っているのは私くらいかと思っていたが、
彼女も地元で暮らしていると知って、なんかうれしかった。

地元の中学だから、みんな通っていた小学校も同じである。
クラスは違っても、顔は知っている。

私の場合、小学校3年終了時に、通学区域の変更があったので、
小学校4年から別の小学校に転校していたので、なおさらである。

小学校3年の途中で、引っ越しで本当に転校してきた女の子がいた。
小学生ながら綺麗な子だと思い、
今度は自分が転校するのは残念だなーと思ったことを、
先日、その女性の前に座ったときに、
それこそ40年も前のことを、ふと思い出した。

あと、中学時代、私は下手なくせに野球が好きで、
地元の『大島クラブ』という野球チームに所属していた。
周りのみんなは、腕っぷしが強く、身体能力も半端ない。
この野球だけではなく、中学校の様々な運動クラブでも活躍していた。

私はというと、野球チームに所属しながらヘタッピイで、
勉強も ”中の上”といった感じて、
格別できがいいというわけではなかった。
当時から引っ込み思案で、つまりイケてない子だった。

イケている男子には、気後れして、あまり話かけられず、
女子にも、思春期だったこともあり、やはり声をかけられないでいた。
ただ、野球をやめたら自分に敗けたことになると思い、
野球だけは最後まで続けた。
だからこそ、三十年以上経った今でも、
こうして私にも声をかけてくれたのではあるが。


”DaiGo”という芸能人がいるが、
(メンタリストのほうで、竹下元首相のお孫さんのほうでなない)
その方も、中学時代はイケてない子だったらしい。
しかし、自分を変えたことによって、周りの自分を見る目が変わったという。

私が、中学時代、あまり話ができなかったみんなとも、
先日、当時の3年間以上に話ができたのも、
もしかしたら、私が立候補したことと関係があったのかもしれない。
自分でも、当時の私からすると信じられないことであるから。

これだけでも、立候補した意味はあった。


スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/148-2429476f