FC2ブログ
2013.06.25(Tue):2013 都議選・参院選
チラシをポストに投かんしたお話しは
先日6月6日のブログでもご紹介した。

チラシを集合住宅のポストに投かんするときは、
管理人さんがいる場合は、
もちろん断ってから投かんさせてもらう。

ある日、管理人室が見当たらす、
チラシお断りの張り紙もなかったので、
そのままチラシを投かんしていたら、
しばらくして背後から、
“何をしているんだ!”
と急に怒鳴られた。

奥に管理人室があったとは気がつかなかった。
私は、慌てて
「選挙期間中なので、
 政党チラシを投かんさせてもらっていたんですが」
と言い訳めいたことをいうと、
“選挙だからって、投かんする権利があるようなことを言うな!”
と、さらに大きな声で怒鳴られた。

火に油を注ぐことになるので、
あえて口ごたえしなかったが、
硬い話をすると、
憲法上、代表民主制が採られていること、
そして、21条で表現の自由が保障されていることから、
有権者に政党の考えを伝える権利はあるんだと思う。
これは、有権者が投票先を決める重要な情報源として、
有権者の知る権利にも適うはずである。

もっとも、マンションなどは私有地だから、
管理人さんらによる制限を受けるのは当然である。

ただ、
何人かの管理人さんとお話しをしていて気になったのは、
営業用チラシと同じように扱われることが
多かったことである。

もちろん、上に述べたようなことをご存知で、
政党チラシなら投かんしてもいいと言われたところもあった。

できれば、管理人組合みたいなところで、
(管理組合ではない)
憲法、特に表現の自由や知る権利といったことを
管理人さんにお伝えしてもらえると、
非常にありがたい。

スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/189-9a8ca068