FC2ブログ
2013.07.21(Sun):未分類
わが母校・都立城東高校は、
三回戦で、昨年の覇者・東東京代表の成立学園、
四回戦で、春夏甲子園通算10回出場の堀越、
五回戦で、春夏甲子園通算3回出場の日体荏原を下し、
今日21日、準々決勝で、
春の甲子園4回出場の二松学舎大附属と戦った。

場所は、昨晩オールスターのあった神宮球場。
余裕で座れるかと思いきや、休日ということもあり、
内野席は、ほぼ満席だった。

炎天下の中、2時間近く座っているだけでも
体力がいる。
自分も十代のとき、
この暑さの中、ユニホームを着て、
数時間も練習していたのが信じられない。

当時と違っていたのは、
スタンドで、しきりに、
“熱中症の予防対策に、こまめに水分補給をして、
 日陰に入りましょう。“
という場内アナウンスがあったことだ。

十数年前と違っていたのは、
城東高校にもチアリーダーができて、
応援が板についていたこと。
前回、城東高校が甲子園に出場したときの応援は、
正直、即席観があった。

プロ野球と違うのは、
ピッチングのテンポがとにかく速いこと。
これは、ピッチャーの球種の数と
コーナーへのこだわりの違いからくるのだろう。

また、ホームランがとても出そうにもないこと。
何年ぶりかに生の球場を見たが、これが広い。
並みの高校生のパワーでは、金属バットとはいえ、
そうそうホームランは打てそうにもない。
実際、今日の試合でもホームランは出なかった。

結果は、0対3で城東高校が敗退。
なぜか、私も、
「これで、夏は終わった」
と思った。


さて、ここからは、
城東高校の野球部員がこのブログを見ていてくれているとは
とても思えないが、一応、彼らにメッセージ。

「私は1年生のとき野球部に所属していましたが
 勉強との両立をあきらめ、
 2年生になる直前にやめてしまいました。
 後悔していないと言えば嘘になりますし、
 やめてよかった、とは思っていません。そこで、

 ベンチ入りはとても無理、と思っている1、2年生へ。
 あきらめたら絶対ベンチ入りできません。
 10代は化けます。
 現実に私は、
 不断の努力で突然野球が上手くなった友人を知っています。
 自分を信じて最後まで頑張ってください。

 ベンチ入りできなかった3年生へ。
 皆さんはベンチ入りできなかった悔しさで、
 自覚していないかもしれませんが、
 厳しい練習に耐えぬいたことはもの凄いことなのです。
 卒業したらいつか自分の偉大さに気づくはずです。
 私は皆さんを尊敬しています。
 進学しても、社会に出ても、きっと活躍できます。
 だから、胸を張ってください。」


スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/210-289a306d