FC2ブログ
2013.08.06(Tue):外交・安保問題
漫画『はだしのゲン』がボランティアによって
英語など20か国語に翻訳され、
世界各国で広く読まれているらしい。

核兵器の恐ろしさを世界の人に知ってもらうためには
非常に有効的で、重要なことだと思う。

私のヨーロッパ在住時の狭い経験からすると、
海外では、広島、長崎という都市名は
われわれが思う以上に知られている。

ただ、一方で、原爆の恐ろしさは
観念的には分かっているようだが、
原爆投下の悲惨な実態は、まったく分かっていないようだ。

われわれの場合、メディアなどを通じて知る機会も多いが、
海外では、学校教育などによって、むしろ
“戦争を終わらせるためには原爆投下はやむなし”
という米国のいう屁理屈を信じ込んでいる人も多い。
(なぜ、屁理屈といえるかは拙著の本で詳述)

だから、原爆投下の悲惨な実態を知ろうという発想が
そもそも生じない。

しかし、漫画という形なら、
自然な形で世界中の人たちに、
特に、先入観のない子どもに、
悲惨な実態を生々しく知ってもらうことができる。

そして、
米国を敵視する人たちがより多く親日家となれば、
わが国の平和外交における役割はますます重要になってくる。

自国では核兵器を持ち続けながら、
一方で、非保有国には開発しないように求めていることが
相手にはいかに理不尽にきこえるか、
ということに核保有国も早く気がつき、
核兵器廃絶に本気になって欲しい。

ヘビースモーカーが、
他人には禁煙するよう求めても、
説得力はない。


日本も米国の核の傘に頼らずにすみ、
日本の国土にヘリが堕ちても、
日本人が近寄れないということがなくなるかもしれない。


スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/220-ebbb6231