FC2ブログ
先日、自分の本をなるべく多くの方に読んでいただくよう、
喫茶店などに置いてもらえるようにお願いしているお話をしたが、
最近、近所の理髪店(散髪屋)や美容院にもまわっている。

無料で贈呈させていただくということだったので、
どこでも快く引き受けてくださるものと思いきや、
散髪屋はともかく、美容院については、
断わられたところが、受け取ってくれたところよりも
圧倒的に多かった。

一冊の本を引き受けたら
別の人のも引き受けざるを得なくなるからか、
お客さんは雑誌のほうを好む傾向にあるからか、
本部のお達しなのか、
理由はよく分からない。

ただ、ある散髪屋から、
私のような人がよく来るといわれた。

『とりあえず本を読んでみて、
 お店に置くのにふさわしくなければ
 捨ててもいい?』
といわれてしまった。

そこで
「いやいや、そこは捨てずに、
 他の方にも読んでいただけるよう
 お渡し願いますか」
とお願いしておいた。


図書館のほうは、江東区と板橋区とで合計20カ所、
置いていただくようお願いしたが、
結局、蔵書として置いてくださったのは、
一か所のみのようだ。
(19冊も無駄になってしまった…)

ところで、その拙著の本、
おかげさまで、7月は635冊も売れた。
一日20冊以上のペースである。

まさか、このペースが続くとは到底思えませんが、
購入してくださった皆様には、
本当に感謝申し上げます。

ありがとうございました。


スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/232-a2eb5939