FC2ブログ
2013.08.21(Wed):わたしの信条

一か月半前の7月7日の七夕の日、
江東区と板橋区に自分の本の宣伝のために
新聞折込みチラシを入れたことは
先日のブログで紹介させていただいた。

その反応の中に、意外ではあるが、
しかし、ごもっとも思える反応があった。

それは、山本〇郎氏のように、
スポンサーがついていると誤解されたこと。
つまり、紙質が良くカラフルな折込みチラシを入れる
それだけの資金を個人的に出す余裕はないはず、
ということ。

しかし、無名の私なんかにスポンサーがつくはずがない。

たしかに、今回の新聞折込みチラシ、
お金がかかっていないといえばウソになる。

しかし、紙質については、
両面印刷に必要な最低ライン。
表をカラフルにし、両面印刷にしたのは、
すぐに捨てられないように
できるだけ目に留めていただきたかったため、そして、
本を読んでいただきたいという
自分の思いを伝えたかったためであった。


お金は、それこそ数十年かけて節約して貯めてきた。
例えば、車はおろか、パソコンや携帯なども買わなかった。
もちろん、必要なかったからということもあったが…

今回の折込みチラシにかかった費用、
普及し始めたころからパソコンと携帯を使用し続けていたならば、
かかっていたであろう使用料くらいである。


あえて婚活をしなかったのも
少しでもお金を貯めたかったからでもあった。
(本当は、もてなかったことの言い訳にすぎませんが…)
結婚して子どもが一人いたとして、
出費は、専業か共働きかによって大きく異なるが、
今までの2~3倍近くにはなったはず。

それでなくても、両親の医療や介護の費用で、
それなりの出費はあったのだが…
その他のところでは、倹約につとめてきた。


そして、お金を使うべきときは、惜しみなく使う。
今は、自分の本をできるだけたくさんの方に読んでもらうために使う。
できるだけたくさんの方に自分という人間を知っていただくために。


ただ、それ以外のことについては、
今でも節約を続けている。
例えば、あまりブログで公表するようなことではないが、
食費は、一日三食、1,000円を超えないように努めている。


でも、何も知らない方が、私の折込みチラシを見て、
上のように誤解されるのも無理はない。

ただ、あのチラシは覚悟と数々の犠牲の上にある、
そうしたことを説明できないのも、
それはそれで、非常にはがゆい。


いずれにせよ、お金はあったほうがいい。
お金は幸福を保証してくれないが、
選択肢は増やしてくれるから。
(すみません、パクリです。)


スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/233-c67f8936