FC2ブログ
到着したその日の夜、
すき焼きをご馳走していただいた。
20年ぶりのすき焼きである。

そして、ひとっ風呂浴びて部屋に戻ると、
到着した時あれだけなついていたはずの
飼い犬に吠えられた。

どうやら、私が風呂を浴びている間に、
私の存在を忘れてしまい、
家の中で私が突如現れたかっこうになったので、
不審者と思ったらしい。

その後、3~4年ぶりの年越しそばまでいただき、
夜中の12時に近づくと、
除夜の鐘をつくべく、
幼なじみの従妹のご家族と
私の存在を思い出した犬とで、
近くのお寺に行った。

お寺に着いて、
生まれて初めて除夜の鐘をつくと、
先着108名様にプレゼントされるという
お守りをいただいた。

こんなんで、
本当に御利益があるのか…


年が明けると同時に、
タイミングよく、
たき火の中の薪が割れる音が
“パチン”
と大きく鳴った。


元旦の日の朝は、10年以上ぶりに
一家だんらんに混じって、
おせちやお雑煮といったお正月料理をいただき、
そして、お子さんの小学校の宿題にまで混じって、
35年以上ぶりの書き初めに私も挑戦した。

自分が選んで書いた文字は、
なぜか“誠”

私が選挙に当選したら、
部屋に飾ってくれるという。


お昼を過ぎて、今度は、
20年以上ぶりにバッティングセンターに行った。

玄人と思われる人たちが、
元旦から、プリペイドカードで
快音を何発も鳴らしていた。

その後、やはり20年以上ぶりの
ピンポン、ビリヤード、UFOキャッチャー
等々に興じ、
家に戻ってからは、
上の男の子と35年以上ぶりに将棋をさした。

私の二連敗である。


翌朝、また犬に吠えられた後、
お世話になっている従妹さんの
お姉さんも合流して、
みんなで滋賀県の温泉に。
滋賀県上陸は生まれて初めてだ。

二人のお子さんは、このお姉さんに、
“おばちん、おばちん”
と言って、
かなりなついているようだ。

実の母親である妹さんのほうが
少しだけやきもちを焼いているようだった。

下の女の子が、
『シカが欲しい』とか、
『ヤクルトの工場に行きたい』とか、
ちょっと変わったおねだりをする。


そして、二日目にしてさっそく
おせちに飽きた子どもたちのために、
その日の夕食の食材を購入すべく、
ある大型のショッピングセンターに入った。

そこで、私は、また
東京では見ることがなかった光景にでくわした。


スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/319-65b922a5