FC2ブログ
2014.03.21(Fri):外交・安保問題

ロシアのクリミア併合問題で、
中国が中立的立場を貫きながら、
仲介に積極的な姿勢をみせている
と報じられている。

中国は国際政治の中でも
ますます存在感を示しはじめている
ともいわれている。

私は、安倍首相にそれを期待していた。

なぜなら、
せっかくプーチン大統領と
ファーストネームで呼び合う仲になったのだから、
西側諸国の代表として、
他の首脳にはできないマブダチどうしならではの話を
プーチン大統領とできたはずだからだ。

仲介役をかってでて、
世界に日本の存在感を示してほしかった。

しかし実際は、米国に追随して
クリミア併合を非難するのが精一杯。

これでは、北方領土問題でも
ロシアになめられてしまう。


ソチオリンピックの開会式に出席するくらいなら
誰にでもできる。

こういう難しい状況でこそ、
日本の首相としての外交手腕が試されるのだと思う。

特に、ファーストネームで呼び合う仲になったのだから、
これを活かさないてはないはずである。


スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/348-7ac68da2