FC2ブログ

(この前のブログのつづきです。)

私は、またド鳩が
テーブル火鉢のくぼんだ所に隠れないよう、
今度はしっかりとテープでとめて
ダンボールで塞いだ。

しかし、翌朝、
テーブル火鉢の中から
“ポーポー”という鳴き声とともに
羽でダンボールを叩く音が聞こえてきた。

「イリュージョンか?」
とダンボールをはがして
中をよく見ると、
一羽のド鳩が隠れるように隅にいたのだ、
だけでなく、
ななななんと、鳩のヒナが
まさに卵からかえろうとしている。
しかも、二羽…

私は、正直、
やられた、と思った。

私は、早速、ネットで
近くの鳥獣駆除業者を探した。


しかし、その時、
ふと、昨日のことを思い出した。

普段なら私の姿を見るなり、
逃げ出す鳩が
ほうきの柄の部分でしつこくつつかれても、
なかなか逃げようとしなかったのを。

つまり、子どもを守るために。

そして、
舞い戻って来た鳩は、
私に見つからないよう、
私がダンボールで塞いだときに、
隅に隠れていたのだった。


数時間後、
ピーピーというかわいい声が聞こえてきた。

二羽の小鳩が一生懸命
お母さん(?)に甘えている。


私は、すでに
この二羽が旅たつまで
見守ることに決めていた。

よく考えれば、
有害な糞をするという理由で
ド鳩を毛嫌いしていたのだが、
鳩にしてみれば、
そんなことは関係ないのである。

子どもを産み育てるため
一生懸命になっていただけなのだ。
しかも、
普段なら人の姿を見るや逃げ出すのに、
必死に子どもを守ろうと
簡単に逃げるようなことはしなかったのだ。


今や、帰宅後、
ヒナの成長を確認するのが
毎日の楽しみになった。


二羽のうち、白い色のほうが、
小さくて成長も遅いのが
ちょっと気にかかる。

そして、親鳩は
いつも一羽しかいない。

片親なのか、
お母さんとお父さんが
代わる代わる来ているのか
よく分からない。

それにしても、
ピーピーという鳴き声がすると
本当に安心する。


スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/356-17de4fe9