FC2ブログ
新聞の読み方 | 日記
埼玉県の教職員100人以上が
退職金を減らされる前に今月で早期退職。


3月いっぱいまで働いたら、
70万円損するのだから、仕方がない。

70万円といったら大金である。

埼玉県の上田知事は

  特に担任を持っている先生が辞めるのは不快な思いだ。
  担任の先生が3月まであと2ヶ月のところで辞めてしまうのは
  無責任のそしりを受けてもやむをえない。

といって、早期退職を希望されている教職員の方々を批判したらしい。

と、いうより、
このように早期退職を希望する方々が出てくるであろうことは
労組のほうからさんざん指摘されていたにもかかわらず、
2月1日からの退職金引下げを決めた
行政のほうに責任があると思う。

それなのに、早期退職の意向を示されている教職員の方々を
批判するのは、筋違いであろう。

なぜ、新年度の4月1日からの施行にしなかったのか、
という疑問について、上田知事は

  2月から減額しなければ、39億円の負担が生じるので、
  逆に、国民から『あなたたちは、わざと遅らせている』
  という批判を受けてしまう。

とのたまわったらしい。

それなら、もっと早く引き下げろよ、
という話になるし、
それが、法的に不可能だったとしても、
『わざと』でないことは、明々白々である。

このような推測にもとづいた、しかも
責任を国民に転嫁するような発言はいかがなものか…


実際、東京都では、
一月から退職金を引き下げてはいるが、
こうした事態にならないよう、
自己都合退職の場合は、退職金が減額になるようにしているため、
早期退職希望者はでていないらしい。
(ただ、これはこれで、不利益を受ける側にとって、
 手続上まったく問題ないのか、疑問は残る。)

また、鹿児島県などでは、
退職金の引下げは新年度からと決めているので、
やはり、早期退職希望者はでていないらしい。


先生に苦渋の選択を迫らせるような
そんな仕組みをつくってしまった行政の責任は重い。


スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/36-3f0fd083