FC2ブログ
2014.06.29(Sun):わたしの信条
都議会でセクハラ野次が問題になっているが、
普通の社会では
あのような発言をしてならない
と事前に制約がかかるはずである。

というのも、
セクハラ問題というものが
社内研修とかで周知されているからである。

思うに、
政治の世界にどっぷりつかった人は
こうした世間の常識というものが
分からなくなるのだろう。

今回、発言した元自民党議員も
公式プロフィールによると、
一時家業を継いだことで
経営の経験はあるようだが、
政治家としての経歴のほうが
断然長いようだ。

普通の社会では事前に歯止めがかかるが、
政治の世界では、
今回の問題に限らず、問題が起きてから、
社会的なものも含め、
事後的に制裁を受けるだけである。


また、
野次は「議会の華」ともいわれるが、
それは、本来盛り上がるべき
議場での議論がつまないからであって、
野次は種類によって許されるというのも
なかなか合点がいかない。

都議会中継なんかを、
たまにMXテレビで観るが、
みんな原稿棒読み状態で、
パフォーマンスなんかも
国会議員よりつたない気がする。

備忘のために、
箇条書き程度のメモはあってもいいが、
本来は、
自分の言葉で自分の思いを語るべきではないか。
それができないというのは、
自分で思うところがないからであろう。

今回のセクハラ野次問題で、
さらなる野次発言者探しも
軽視していいことでないが、
そもそも
政治、政治家、議会のあり方を
根本から正すことのほうが、
そうしない限り
今後も同様の問題が起きかねないという点で
重要ではないかと
改めて考えさせられた。


スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/366-2394dfef