FC2ブログ
2015.02.15(Sun):政治活動
昨年の選挙運動中、
30年ほど前に家庭教師先として
お世話になったお母さまが、
私の遊説演説中、雨の中、
わざわざ自転車でご自宅からかけつけて来られ、
声をかけてくださったことは、
先々月のブログでも紹介させていただいた。

そして、選挙後まもなく、
お世話になった方々へお礼にまわった際、
このお母さまにもご挨拶申し上げようと、
ご自宅を探してみた。

場所は私の住んでいる隣町ではあるが、
その地域を訪れるのは30年ぶりである。

もちろん、お名前は覚えている。
そして、30年前の記憶を頼りに訪れてみると、
案の定、表札を発見!

そして、インターホンを押す。
声が聞こえてきた。

『どちらさまですか?』

「30年前ほど前、
家庭教師でお世話になった猪野です。」

『あー!
ちょっとお待ちください。』

玄関のドアが開いた。

「んっ?」

心の中で思った。

しかし、
とりあえずお礼の一言を…

「あの~、選挙のときは、
雨の中、ありがとうございました。」

『えっ?』

「30年ほど前に家庭教師でお世話になり、
この前の選挙に立候補した猪野ですが…」

『たしかに、その頃、
うちの娘がお世話になりましたけど…』

ここで人違いであることが判明した。
私は男の子(とはいっても、今や四十代)
の勉強をみてあげていたからである。

よくよくお話しを聞くと、
その方の名字は、
私が探していた方とたまたま同姓で、
しかも、お子さんどうしが同級生らしい。

しかし、そのお母さまも、
私がお世話になった方の
家の正確な位置まではご存知なかった。

その後、30分ほど、
かすかな記憶を頼りに自転車で探し回ってみたが、
結局、見つけることができなかった。

なんかお礼を伝えることができず残念…


あと、分かったことが、
二週間弱も選挙運動をしたにもかかわらず、
顔と名前をまったく
知っていただいていなかったこと。

知名度を上げるのがいかに大変なことか、
改めて実感した次第である。


スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/411-464b7700