FC2ブログ
2015.05.30(Sat):政治活動
ある朝の駅前に着くと、
ヤンチャ風な若者数人がたむろしていた。

私が、
通勤・通学のみなさんに挨拶を始めて数分経つと、
そのうちの一人が私に近づき、

『そんなことしても、意味ねーよ』

と低い声でいってきた。

私は、以前テレビで、
“こんなときは無視するのが一番”
と芸能人らがいっていたのをきいていたので、
無視を決めこんだ。

その若者はいったん私から離れ、
他の若者とおしゃべりを始め、
しばらくすると再び私に近づいて来て

『だから、そんなことしても、
意味ねーって』

といってきた。

それでも私が無視し続けると、
その若者は再び戻って
他の若者とまたおしゃべりを始めた。

すると、他の若者がどこかに行き、
一人になった先ほどの若者が
三度私に近づいて来た。

ただ、これまでと違うのは、
私に手をさしのばしてきたことである。

私は、本能的に彼と固い握手を交わした。

すると、彼は話を始めた。

『もう少し、
自分のしたいことを言ったほうがいいっすよ。』

「でも、私は知名度がないんで、
まずは、みなさんに名前を知っていただかないと。
それに、みなさん足早に会社や学校に急いでいるから、
私が政策を訴えたところで、
みなさんの耳には届かないですよ。」

『でも、意味ないね。
ダンボールとかに政策書いて、
みんなの目の前までもっていって
それ見せるくらいなことしないと。
それに、俺なんか他の区だけど、
投票するときは名前なんか見ちゃいないし、
何をしたいかを見て決めるし…』

私は、自分が恥ずかしくなった。

まず、外見から、
この若者は政治なんかに興味はもっていないと
勝手に判断していたこと。

そして、
彼は、私をからかうのではなく、
他の若者とおしゃべりをしながらも、
私のことを気にかけてくれていたこと。

自分のことしか考えないことが多い私は
反省をした。


そして、他の若者が戻ってくると、
彼らは去って行った。

彼と私だけが、
右手を軽く挙げて別れの挨拶を交わした。


それから私は、
駅前の挨拶のことばの中に、

「政治の透明化」

というキーワードだけでも入れるようにした。


スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/440-b1cbce2a