FC2ブログ

最近、二つの同窓会があった。

一つめは昨年度通っていた
予備校のクラスの同窓会である。
卒業(?)してまだ半年も経っていないので、
懐かしいというより、久しぶり、という感じで、
場所は、お好み焼き・もんじゃ食べ放題のお店。

私のほかは、ほとんどが未成年者なので、
ピッチャーでお水を頼んで、
ひたすら食べまくる、という具合である。

話題は、今どんなことをしているのかとか、
留学したいとか、資格を取得したいとか、
これからやりたいことが中心で、
みんなの見つめる先は2015-2017年。
私もつい、十代であるという錯覚に陥ってしまう。

ある男子の叔母が、
私が二十年以上前に通っていた
英会話学校で知り合った女性であることが判明、
といったおまけもあった。


そして、二つめが中学時代の同窓会。
こちらは35年ぶりの再会で、
懐かしいというより、誰?という場合も…

みんなの振り返る先は1979-1980年。

いうことを聞かない生徒をボコボコにする先生、
制服着たままの女子をプールに落とす男子、
胸の小さい女子をからかって
黒板に『ぺちゃパイ』と書いたまま、
授業開始のチャイムが鳴ってしまい、
教室に入って来て、黒板のその文字を見るやいなや
突然泣きだして教室を出て行ってしまった
やはりお胸の小さい先生。

今だったら社会問題となるハプニング満載の
なかなかお茶目な学校だった。

当時のいじめの謝罪や、
当時好きだったことの告白や、
今さら言われても、といった
そんな会話も繰り広げられていた。

そんな中、今だから笑える話をご紹介。
携帯電話さえない、
当時ならではのエピソードです。


Aさんに電話で告白すべく、
台本をつくった甲くん。
ふるえる指で
ためらいながらも勇気をふりしぼって
ダイヤルを回してAさん宅に電話。

『もしもし』
女子の声である。
お母さんの声ではない。
そこで甲くんは。
緊張しながら台本を読み始めた。

台本を読み終えると、
電話の声の主が突然笑い出した。
『今、Aに変わるね!』

そう、彼女こそは、
たまたまAさん宅に遊びに来ていたBさん。
ひととおり
一世一代の甲くんの告白を聞いてからの
先の発言だった。

スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/447-c54df764