FC2ブログ
2016.04.29(Fri):経済・税金問題

昨日の金融政策決定会合で、
日銀が金融政策の現状維持を決めたことで、
株安と円高が急速に進んだ。

黒田総裁は三年前、異次元緩和といって
大量のお金を市場に流すことを決め、
二年で物価上昇率2%という目標を掲げ、
デフレ脱却を図った。

大量のお金が消費者や企業に回れば、
消費や投資など需要が増える。
そうすれば、物価も上がって
企業収益も良くなる。
こんなことを想定していたのだろうが、
実際は、
日銀から大量に流されたお金は
まわりまわってドルや株の購入に使われ、
いったんは円安、株高となった。

そして、実質賃金が下がるなど
お金は消費者までは行き届かず、
消費は一向に回復しない。
消費者物価指数もついにマイナスに転じ、
昨年までに達成するといっていた
物価上昇率2%という目標も
四回目の先延ばしとなった。

二ヶ月前からは、
日銀に滞留している
市中銀行の預金を市場に流すべく
マイナス金利を実施しているが、
日銀にあったお金は
いったんは市中に流れても、
金利が下がれば
国債は値上がりするわけだから、
そのお金は
日銀から国債を買うために使われ、
市場に流れたお金が日銀に戻るという
日銀の目論みと真逆の現象も起きている。

それでも黒田総裁は、
先日、米国での講演で
さらなる金融緩和措置も辞さない旨
表明していた。
日銀の金融政策は明らかに失敗しているのに、
なぜここまで意固地になっていたのか?
それは、黒田総裁が就任した際の
次のような日銀幹部職員への訓示にうかがえる。

『日銀は、物価安定の使命を果たしてこなかった
 世界で唯一の中央銀行である。
 二年で2%の物価上昇率は必ず達成できる。
 まずは、職員自身が信じろ!』

これは、もう精神論である。
しかし、ようやく頭が冷えたのか、
昨日は、先日の言明にかかわらず、
さらなる金融緩和措置の見送りを決めた。


では、どうすれば消費や景気が回復するか?
子育てや老後の不安などから
どうしてもお財布のヒモは固くなる。
モノの価格が上がったら購入を控え、
お店が根負けして一時期でも値下げしたら、
その機を逃さずに一気に買う。
その他の時期は、
各種ポイントを最大限に活用する。
私はそうしている。

消費や景気回復のためには
金融政策や財政政策だけでなく、
安心して子育てができ、
将来に不安のない社会をつくるための
構造改革も必要となる。
これがアベノミクスの
成長戦略とか一億総活躍社会というやつだ。
先に述べた円安と株高で、いったんは
アベノミクスも成功したかに見えたが、
しょせん、実体経済がともなっていないから、
最近は円高、株安傾向に転じている。

先日、安倍首相は、
保育士や介護士の給料を
六千円~一万円を引上げる旨表明したが、
これでは、焼け石に水である。

奇しくも、三人ともM議員だが、
錬金術や不倫にいそしむ時間があり、
たまに会議があっても
その最中に本を読める余裕のある
国会議員らの歳費の額と、
そんな時間や余裕なんか絶対にない
保育士や介護士の賃金額と取り換える、
それくらい大胆なことをしないとだめだ。

スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/494-d817c105