FC2ブログ
2020.02.08(Sat):政治活動

さてみなさん、ご存知のとおり
地元選出の元自民党の国会議員が
IRをめぐる収賄の容疑で
二度にわたり逮捕・起訴されました。

本人は全面否定しておりますが、
TVドラマのタイトルにも
なったこともがありますように、
起訴されたときの有罪率は
99.97%ですから、
ほぼ間違いなく有罪となることでしょう。

ところで、投票した人のうち過半数が
どうして、こうした人を国会議員に
選んでしまったのでしょうか?

投票した人には
責任は全くございません。

一番の責任は、
今回のことだけに限ったことではありませんが
失態をさらすような人を
公認した政党にあります。

そして、もう一つ、
逮捕・起訴されるような人が
選ばれてしまう原因は、
私たちが選んだはずの議員から
まるで情報が
与えられていないことにもあります。

たしかに、今回、
逮捕起訴された人も含め、
私たちに選ばれた議員は
SNSなどで情報発信しておりますが、
忘年会や新年会に何か所まわったとか、
餅を何回ついたとか、
神輿を何回かついだとか、
そんなどうでもいいことしか
発信していません。

そんなことよりも、
国会議員は普段国会で何をしているのか、
国からもらっている一人5千万円近くの
私たちの税金を
どのように使っているのか、
すなわち、時間とお金を
私たち有権者のために
どのように使ってくれているのか
こうした一番大切な部分を
伝えてくれていないからです。

これでは候補者個人を判断できない。
そうしたら、もう私たちは、
公認した政党を信じるしかありません。

ですから、
逮捕起訴された本人はもちろんですが、
有権者の信頼を裏切った政党の責任は
非常に重い、このように思うわけです。

政党には、候補者を公認した理由を
本来、私たちに説明する責任がある
このように思うわけであります。

私は普段から
政治には説明責任が大切である旨
訴えかけておりますが、
説明責任という点からもう一つ
気になる点があります。

それは、安倍総理の答弁姿勢です。

今問題となっている
桜を見る会については、
野党が追及しているところですが、
いつまで、やっているんだ
もう桜の会にかかった費用以上の
費用をかけて追及する必要が
果たしてあるのか、
という批判の声もあります。

しかし、公金を使って
自身の政治活動のために使った
ということであれば
これはもう、
公職選挙法違反という
立派な犯罪になります。

また、安倍総理が
不誠実な答弁を繰り返すばかりで
説明責任をしっかり果たさないからこそ、
野党はいつまでも
追及しているではないでしょうか。

例えば、安倍晋三事務所が
桜を見る会の参加者を
募ったが募集をしていないとか、
そして、桜を見る会の前夜祭、
あのホテルニューオータニで
通常の半値以下の5千円しかかからない
立食パーティーのことですが、
そのキャンセル料の無料化については
安倍晋三事務所とホテルとの間で
合意はしたが契約はしていないとか、
もう某大学の法学部を卒業したとは
思えない答弁を繰り返すばかりです。

契約とは、まー黙認も含まれますが、
法学部を卒業しながら
合意の一つであることを
知らないとでもいうのでしょうか?

政治に求められるのは誠実さ、
しかし、安倍総理の答弁には
森加計問題のときから誠実さが見られない
これが野党がいつまでも追及している
原因の一つだと私は思います。

私は安倍政権を
一概に非難するつもりはありません。
米露などの大国に
おもねすぎているところはありますが、
外交努力は評価してもいいとは思います。

しなしながら、誠実な説明責任。
今の政権には、これが欠けている
のではないでしょうか。

さて、今回の地元選出の国会議員の
収賄事件に関係して、
最後に、IRについて
一言述べさせていただきます。

結論から述べますと
カジノには反対です。

理由はギャンブル依存症のおそれとか、
治安が悪くなるとか、
そういう不確かなことではありません。

それならば、競馬や競輪といった
公営ギャンブルにも当てはまるはずです。

この公営ギャンブルと
カジノとの一番の違いは胴元です。
公営ギャンブルの胴元は国や地方公共団体、
カジノの胴元は米国など外国の民間企業です。

したがいまして、
収益金の行きつく先が違ってくるのです。

例えば、現在の公営ギャンブルの収益金は、
社会福祉、医療、教育、
道路や上下水道などの公共施設の整備など
にも使われています。

しかし、カジノの場合は、
胴元となるアメリカなどの民間企業を
もうけさせるだけです。

ここにも、
アメリカにおもねる安倍総理の外交姿勢が
透けて見えてくるわけです。

そして、ここ江東区、青海にも
カジノ施設ができるかもしれない
との話もあるようですが、
それで、江東区が潤うならまだしも、
お金が外国企業に流れるだけなら
カジノ施設が江東区にできても
意味はありません。

経済の波及効果を狙うのであれば、
カジノ以外のIR施設で十分だと
私は思います。

よって、
私はカジノには反対です。

スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/816-c85b1dd6