FC2ブログ

オンライン講義には、大きく分けて
生配信によるものと、
録音・録画されたものがあります。

後者は、何度も聴講できるので
とてもありがたいです。

前者も、気兼ねなく
講義中でもトイレに行けたり、
スマホを操作したり、
講義がつまらないと思えば退出できる
というメリット(?)があります。

もっとも、今どきの学生は、
実際の教室での講義でも、
平気で上のようなことはしていますが…

一方、教授側も、
学生の出欠状況を記録できるという
メリット(?)もあるかもしれません。

大学側は、こうした受信の有無・程度を
成績に反映させないよう求めていますが、
ゼミ以外の通常講義でも、
受信できた学生どうしで討論をさせ、
時にはレポート提出を課すなど、
教室の講義では実現できない
学生との双方向の授業を試みている
教授もいます。

また、おもしろいのは、
教授らが、
板書代わりにワープロを打つ操作が
そのまま見えることです。

例えば、“≒”という記号を表示する際、
“やく”→“約”→“≒”といった
変換まで見えてしまうのが何か新鮮です。

ただ、報道にもあるように
このご時世、授業料が払えなくなる
学生が増えているという問題もあります。

ですから、大学側も
授業料の減免・延納、各種補助といった
対応をしているところでして、
学生も大学もいろいろ苦慮しております。

スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/834-6266a4c8