FC2ブログ
2020.12.13(Sun):わたしの信条

新型コロナウイルスの陽性者、
そして重症患者や亡くなられる方の
数が再び増加傾向にあります。

したがいまして、所によっては
医療体制はひっ迫してきており、
医療従事者の方々も
心身ともに限界に近い状態にある
とも報じられております。

しかも、
コロナ患者に対応すればするほど
病院経営は苦しくなり、
よって、多くのところで
ボーナスも減額されるとのことです。

一方、国会議員のボーナスは310万円

もちろん、内閣の一員として
コロナ対応で身を粉にして働いている
国会議員もおりますが、一方、
秋元議員や河合夫妻両議員のように
先の国会に一度も出ず、
310万円のボーナスを満額
受け取っている議員もおります。

その他の国会議員にしましても、
与野党含め、
特に国会が閉会している今、
いったい何をしているのでしょうか?

何かしているとしても、それは
巨額の歳費やボーナスに見合うだけ
私たち国民のため、
特にコロナ禍で苦しむ国民のために
何かしてくれているのでしょうか?

確かに国会議員にも役割分担
というものがあるのでしょうが、
巨額の歳費やボーナスを
医療や介護に携わっている方々、
時短営業などで苦しむ事業者らに
少しでも回すくらいのことだけは
できますれば、していただきたい
と思うのであります。

もちろん、金額からいっても
それで実際に問題が
解決されるわけではありません。

しかし、国会議員らは、
自らの収入を減らすことで
コロナ禍で苦しんでいる方々の
思いを少しでも共有しようとする
そんな姿勢を国民に示すだけでも
いいのではないでしょうか。

そして、
そんな苦しい思いを共有して初めて、
国会議員も進んでコロナ対策のために
巨額の歳費やボーナスに見合う働きを
きっと、私たちに
見せてくれることでしょう。

スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/888-110e9dd1