FC2ブログ

私がエヴァンゲリオンを
初めて視たのはおよそ四半世紀前、
当時の大蔵省に勤めていた私は、
夜中に帰宅して
テレビのスイッチを入れると
たまたま再放送されていたものを
視たのが初めてでした。

今思い起こしてみると、
それは惣流・アスカ・ラングレー
初登場の場面でした。

そこから、このアニメはまった私は、
劇場版も欠かさず
観に行くようなりました。

そして、先日、
シン・エヴァンゲリオン劇場版を
いつもの通り学生料金で(笑)
観に行きました。

“序”“破”と続くにつれ、
ストーリーが前作からずれていき、
ついに“Q”では
完全に違ったものになるのですが、
この最新作は“Air/まごころを、君に”
を彷彿とさせる場面もでてきます。

あくまで私個人の感想ですが、
人間にとって大切なことだとは
分かってはいても、
私含め多くの人が
なかなか行動にうつせないことが
各キャラクターの体現を通して
描かれていたような気がしました。

そして映画が終わって、退場する際
入場するときにもらっていたものを
あらためて見てみると、
各キャラクターの立ち位置に
ハッとさせられました。

特に、数名のキャラクターへの
作者の特別な思い入れが
反映されているようにも見えました。

「どういうこと?」

かは、観てのお楽しみ‼

20210409222948cbe.jpg

スポンサーサイト




Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→https://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/918-fe9cb5ea